ユーザーアカウントの追加・削除-利用方法

注意事項

登録について

  • 既に他の加入者が使用しているユーザーアカウント名は使用できません。アカウント名の後に数字をつけるなどして登録してください。
  • セキュリティーを高めるため、アカウント名とパスワードは同じものを設定できません。
  • ユーザーアカウント名は変更できません。
    使用しているユーザーアカウントが不要になったとき、ユーザーアカウント名を変更したいときは、一旦削除し、新しいユーザーアカウント名で登録しなおしてください。
  • ユーザーアカウント名には、ハイフン( - )、ピリオド( . )、アンダーバー( _ )が使用できますが、記号が連続したアカウント名を使用した場合、メールアドレスとして認識されない可能性がありますので、注意してください。
    ※但し、ピリオド( . )の連続は使用できません。
    相手先のプロバイダによっては、メールが送信先に届かなかったり、オンライン上でメールアドレスを登録するフォームなどで、登録ができない場合があります。
  • ユーザーアカウント登録時に設定するパスワードにつきましては以下にご注意の上、設定ください。
    • 英字のみ、または数字のみの登録はできません。英数字を混在させたパスワードを登録してください。
    • マニュアルなどに記載されているサンプルや例等を流用すると、他人からメールの覗き見をされる可能性がございますので、ご遠慮ください。
    • パスワードは大文字、小文字が区別されますので、英字は小文字、大文字を混在させて設定されることをお奨めいたします。
    • 設定するパスワードとして不適切な例
      • abc12345
      • 0000000a
        等、単純で類推しやすい文字列

削除について

  • ユーザーアカウントを削除すると、そのユーザーアカウントにて登録・購入された以下のサービスも連動して削除・解約されますので、ご注意ください。

    ●メールアドレスおよびサーバー上のメールボックス

  • 削除後、一定期間(60日間)は、同じ名前でユーザーアカウントを登録することはできません。一定期間(60日間)後は、他のお客さまも含め、再登録が可能になります。
  • 削除したユーザーアカウントの設定がメールソフトに残っていると、メール送受信の際にエラーになります。ユーザーアカウントを削除した場合は、メールソフトからも該当するユーザーアカウントの設定を削除してください。

メールアドレスの乗っ取りによる不正利用にご注意ください

メールアドレスの乗っ取りによる不正利用の被害が、近年増加傾向となっております。
乗っ取りによる不正利用の主なものとして、スパムメール(一斉配信メール)の送信元として悪用されるケースなどがあります。

乗っ取りの手口として、パスワードを当てられてしまうことが最も多いパターンとなります。
パスワードを設定する際には以下の点にご注意ください。

・誕生日や電話番号など推測されやすいパスワード
・短く単純なパスワード
・パスワードの使い回し

なお、J:COMではスパムメール送信元として不正利用されるなど、大量通信等の影響により通信設備に支障が生じ、他の通信に影響を及ぼす可能性がある場合には、メールの送受信など一部サービスを一時的に停止させていただく場合がございます。
何とぞ、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

OK
キャンセル