メールソフト|メール 14(macOS Big Sur)|初期設定方法 / 設定変更方法(POP) | サポート

サポート・よくある質問

メールソフト|メール 14(macOS Big Sur)|初期設定方法 / 設定変更方法(POP)

macOSメール 使用上のご注意

macOSメール でアカウント設定を削除するとそのアカウントで送受信したメールやアドレス帳などがすべて削除されますのでご注意ください。

【1】[メール]を起動します

● メールアカウントの初期設定、追加設定は【STEP 2】に進んでください
● メール送受信ができない場合の設定確認、設定変更は【STEP 5】に進んでください

【2】[メールアカウントのプロバイダ選択]が開いたら[その他のメールアカウント]を選んで[続ける」をクリック

[メールアカウントのプロバイダを選択]が表示されない場合、画面左上[メール]から[アカウントを追加]をクリック

【3】[メールアカウントを追加]画面が開いたら「差出人名」「メールアドレス」「パスワード」を入力して[サインイン]をクリック

名前メールを送るときに表示させたい名前
例)ホーム太郎
メールアドレスサポートサイトで追加したメールアドレス
例)こちらからCATV局をご選択ください
★えらべ〜るアドレス設定の場合、「えらべ〜るアドレス(jpまで)」を入力してください。
パスワードサポートサイトで追加したユーザーアカウントのパスワード

【4】「アカウントの種類」で「POP」を選び、「受信メールサーバー」「送信メールサーバー」を入力して[サインイン]をクリック

【ご注意】ご契約のCATV局により入力する設定情報が異なります

アカウントの種類POP
受信用メールサーバこちらからCATV局をご選択ください
送信用メールサーバ
サーバのホスト名
こちらからCATV局をご選択ください

【ご注意】入力が正しくないと下図のようなエラーが出ます。[続ける]をクリック後、正しく入力しなおしてから[サインイン]をクリックしてください

【5】画面左上[メール]から[環境設定]をクリック

 

【6】上部[アカウント]から左枠の「対象のアカウント」を選択。右側[アカウント情報]を確認

① [このアカウントを使用]チェックON
② [状況]オンライン(緑)
③ [メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから削除]はお好みで選んでください

【ご注意】[状況]オフライン(赤)の場合、一度[メール]を終了後、また起動して【STEP 5】からやり直してください

【7】[サーバ設定]をクリック

 

【8】[受信用メールサーバ(POP)]の[接続設定を自動的に管理]のチェックオフ後、[TLS/SSL]のチェックオフ。[ポート]に数字 110 入力。

【ご注意】そのほかの設定情報も、下表と相違する場合は修正してください

受信用メールサーバ(POP) 
ユーザ名メールアドレスを入力
パスワードパスワードを入力
ホスト名こちらからCATV局をご選択ください
接続設定を自動的に管理オフ
ポート110
TLS/SSLを使用オフ
認証パスワード

【9】[送信用メールサーバ(SMTP)]の[接続設定を自動的に管理]のチェックオフ後、[ポート]に数字 465 入力

【ご注意】そのほかの設定情報も、下表と相違する場合は修正してから[保存]をクリックしてください。

送信用メールサーバ(SMTP) 
ユーザ名メールアドレスを入力
パスワードパスワードを入力
ホスト名こちらからCATV局をご選択ください
接続設定を自動的に管理オフ
ポート465
TLS/SSLを使用オン
認証パスワード

【10】画面左上[● 閉じる]をクリックで、設定完了です

関連する質問

     Now Loading ...

このページの情報は役に立ちましたか?

閉じる

このページの情報は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

このページの内容についてご意見・ご要望があればお寄せください。

コメント送信

ご協力ありがとうございました。

OK
キャンセル