「マカフィー for ZAQ」の迷惑メール対策機能について知りたい | サポート

サポート・よくある質問

「マカフィー for ZAQ」の迷惑メール対策機能について知りたい

マカフィー for ZAQの迷惑メール対策機能の概要はこちらをご確認ください

迷惑メール対策設定方法

マカフィー for ZAQを起動します

マカフィーアイコンをダブルクリックしてマカフィー for ZAQを起動してください。

メイン画面が表示されます

  1. 「ウェブとメールの保護」をクリックしてください。
  2. 「迷惑メール対策」をクリックしてください。

迷惑メール対策機能の一覧が表示されます。

 
迷惑メールの判定基準を変更したい
  1. 「迷惑メールの保護レベル」をクリックします。
  2. 保護レベルを変更し、「適用」をクリックします。
迷惑メールの処理方法や通知方法を変更したい
  1. 「メールの処理」をクリックします。
  2. 以下の設定を変更することができます。
    • 迷惑メールとフィッシング詐欺メールに判定されたメールに付けるタグ
    • 迷惑メールとフィッシング詐欺メールに判定されたメールの保存場所
    • 判定しないメールサイズ
    • 迷惑メールルールの更新間隔
    • マカフィーに通知する条件
    変更後、「適用」をクリックします。
迷惑メール対策ツールバーの表示を変更したい

※迷惑メール対策ツールバーとは・・・
メールプログラムに追加したツールバーを使用すると、メールごとにマークを設定または解除することができます。
フィルタリングの結果が正しくない場合には、メッセージの状態を変更できます。

  1. 「迷惑メール対策ツールバー」をクリックします。
  2. 迷惑メール対策ツールバーの表示したいメールソフトにはチェックを入れ、表示したくないメールソフトのチェックははずします。 変更後、「適用」をクリックします。
フィルタリングルールをカスタマイズしたい
  1. 「カスタム フィルタリング ルール」をクリックします。
  2. 「追加」をクリックします。
  3. フィルタリングしたいメールのルール(アクション、フィールド、条件、語句)を設定し、「適用」をクリックします。
【パターン1】信頼する相手からのメールは迷惑メールと判定されないようにしたい/特定のメールアドレスまたはドメインを登録する
  1. 「友人リスト」をクリックします
    友人リストに登録したメールアドレスまたはドメインから送信されるメールは内容に関わらず迷惑メールと判定されなくなります。
    個人の送信元からのメールを常に許可したい場合は、メールアドレス単位で友人リストに追加します。
    ドメイン単位で許可すると、そのドメインを持つメールアドレスから送付されるメールはすべて迷惑メールと判定されなくなります。

  2. 「追加」をクリックします。
  3. 「名前」に任意の名称を入力し、「メールアドレス」に追加したいメールアドレスまたはドメインを入力します。
    「タイプ」ではメールアドレスの場合は「1つのメールアドレス」、ドメインの場合は「ドメイン全体」を選択し、「適用」をクリックします。

【パターン2】信頼する相手からのメールは迷惑メールと判定されないようにしたい/アドレス帳に登録されたメールアドレスを登録する
  1. 「友人リスト」をクリックします
    友人リストに登録したメールアドレスまたはドメインから送信されるメールは内容に関わらず迷惑メールと判定されなくなります。
    個人の送信元からのメールを常に許可したい場合は、メールアドレス単位で友人リストに追加します。
    ドメイン単位で許可すると、そのドメインを持つメールアドレスから送付されるメールはすべて迷惑メールと判定されなくなります。

  2. 「インポート」をクリックします。
  3. 「アドレス帳」で、現在ご利用されているメールソフトを指定し、「インポート」をクリックします。
ウェブメールの迷惑メール対策をしたい。
  1. 「ウェブ メール フィルタリング ルール」をクリックします。
    メールをブラウザーで参照する場合、ウェブ メール アカウントのメッセージをフィルタリングするように迷惑メール対策をセットアップする必要があります。
    迷惑メール対策は、メール サーバーに直接接続し、ウェブ メール アカウントが受信する前にメッセージをフィルタリングします。

    迷惑メール対策は、次のウェブ メール アカウントをフィルタリングします。
    • POP3 ウェブメール (例: Yahoo!)
    • Microsoft Hotmail

  2. 「追加」をクリックします。
  3. 「ウェブメールアドレス」、「サーバーアドレス」、「ポート」、「ユーザー名」、「パスワード」、「迷惑メールをチェックする頻度」、「起動時に確認」の有無を入力し、「適用」をクリックします。
特定の言語が使用されたメールをブロックまたは許可したい。
  1. 「文字セット」をクリックします。
  2. 追加または削除する言語を選択し、「編集」をクリックします。
  3. 「許可」または「ブロック」選択し、「適用」をクリックします。
ウェブメールフィルタリングルールでフィルタリングされたメールを確認したい。
  1. 「フィルタリングされたウェブメール」をクリックします。
  2. フィルタリングされたメールを確認できます。
    また、フィルタリングされたメッセージは削除できます。
    パソコン上の安全なフォルダーにエクスポートして開くこともできます。

解決しない場合はこちらもご参照ください。

     Now Loading ...

このページの情報は役に立ちましたか?

閉じる

このページの情報は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

このページの内容についてご意見・ご要望があればお寄せください。

コメント送信

ご協力ありがとうございました。

OK
キャンセル