サポート・よくある質問

無線LANの設定でWEPキーとWPAキーがありますが、どちらを選べばいいですか?

無線LANなどの無線通信における暗号化の種類を示す略称です。
(読み方:WEP→ウェップ WPA→ダブリュピーエイ) 


 無線LAN初期の暗号化規格で、共有鍵(shared key encryptosystem)による暗号方式のひとつです。
WEP(Wired Equivalent Privacyの略)は、IEEE 802.11bのセキュリティシステムとして一般的に広まり、秘密鍵に40bitのデータを使う旧来の方式と、128bitのデータを使う新方式とが存在しています。
ただし、現在ではその仕組みの脆弱性が指摘されているため、無線LANではWPAWPA2という暗号化が主流になっています。

WPA(Wi-Fi Protected Access)は、WEPの持つ弱点を補強し、セキュリティ強度を向上させたものです。


お使いの環境でWEP方式とWPA方式の両方がある場合には、WPA方式のほうがより強固なセキュリティで保護された環境となりますが、無線LANの親機(ルータやアクセスポイントなど)と子機(無線LANカードなど)が、ともに対応している必要がありますので、子機とのセットではない無線LAN機器をお使いの場合はご注意ください。

 

解決しない場合はこちらもご参照ください。

     Now Loading ...

このページの情報は役に立ちましたか?

閉じる

このページの情報は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

このページの内容についてご意見・ご要望があればお寄せください。

コメント送信

ご協力ありがとうございました。

OK
キャンセル