J:PLUS
たのしいこと、全力応援

感謝の気持ちをカジュアルに伝える「ソーシャルギフト」

趣味・レジャー ライフスタイル IT・デジタル 2018.10.05
感謝の気持ちをカジュアルに伝える「ソーシャルギフト」

「家族や友人に誕生日プレゼントを贈りたい」「仕事仲間に感謝の気持ちを伝えたい」

こんなときみなさんはどうしていますか?

「お中元」や「お歳暮」では重いし、かといって手紙やメッセージだけでは軽い気がしてしまう……。もっと、カジュアルにプレゼントを贈れたら便利なのに!

そんな「ちょっとした感謝や祝福」を表現できるのが、新しいギフトの形として注目を浴びている“ソーシャルギフト”です。いったいどんなサービスなのか、詳しく見ていきましょう!

ちょっとしたお礼に手軽に利用できるサービス

ソーシャルギフトとは、SNSなどオンラインでつながっている友人や知人に、手軽にギフトを贈ることができるサービスのこと。誕生日プレゼントを贈りたい、日頃の感謝の気持ちを伝えたいといったとき、わざわざ手渡したり、ギフト配送の手配をすることなく、サイトやアプリを使って手軽にすばやく贈れるのが特徴です。

もうひとつの特徴は、贈る相手の氏名・住所・電話番号が不要なこと。ソーシャルギフトは、SNSのメッセージ機能やメッセージアプリ、メールを使ってギフトを贈ることができるので、相手の個人情報をまったく知らなくても、連絡先だけ知っていれば贈ることができるのです。

こうした個人情報は、SNSなどネット上で知り合った相手には聞きづらいものです。また、相手をサプライズのギフトで驚かせたいときも、個人情報を聞くことなく贈れるのでネタバレになりません。

人気ショップやコンビニで使用できる電子チケットから食品まで

ソーシャルギフトは、人気のコーヒーショップやファストフード店、コンビニエンスストアなどで利用できるお買い物券やドリンク・フードとの引換券を“電子チケット”の形で贈ることができます。

贈られた側は好きなタイミングで使うことができますので、せっかく贈った物がムダになることがありません。また、ギフトは100円(税別)からありますので、贈る方も手軽に贈れますし、贈られた方も気持ちの負担になりにくく、双方にメリットがあります。

もちろん、ソーシャルギフトで贈れるのは電子チケットだけはなく、雑貨や食品、生花など、さまざまなアイテムを贈ることができます。こうした実物のギフトを贈る場合は、プレゼントしたいギフトをソーシャルギフトのサイトで選び、メールやSNSなどで送信します。贈られた側は専用サイトで送付先の住所・氏名などを登録することで、後日ギフトが配送される仕組みです。

このように、大変便利なソーシャルサービスですが、注意すべき点もあります。まず、お店で使える電子チケットを贈る際は、贈った相手が使えるお店かどうかをあらかじめチェックしておきましょう。また、電子チケットは基本的にスマートフォンで利用することが前提です。フィーチャーフォンに対応していない場合もあるほか、スマートフォンを使っていても、操作に慣れていないと電子チケットを利用できない可能性もあります。これも、相手の年齢なども考慮して、チェックしておくべきポイントです。

人気のソーシャルギフトサービス

ソーシャルギフトサービスは、年々市場を拡大しています。ショップやメーカーもソーシャルギフト向けの商品を開発して、自社の宣伝や店舗への来店につなげることに成功しています。そこで、人気のソーシャルギフトサービス3つを紹介します!

giftee(ギフティ)
感謝の気持ちをカジュアルに伝える「ソーシャルギフト」
>giftee(ギフティ)

株式会社ギフティの運営する「giftee」は、2011年にサービスを開始した老舗ソーシャルギフトサービスです。スターバックス、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートなどの店頭でドリンクやスイーツなどを受け取るタイプのギフトに強いのが特徴です。計37ブランドのギフトを100円(税別)から贈ることができ、メッセージカードを選択してギフトを購入したらメールやLINEなどで相手に送るだけと、気軽に利用できます。

cotoco(コトコ)
感謝の気持ちをカジュアルに伝える「ソーシャルギフト」
>cotoco(コトコ)

「cotoco」は、SK planet Japan株式会社が運営するソーシャルギフトサービスで、2014年にスタートしました。スターバックス、ローソン、ファミリーマート、ピザーラなど23のブランドのギフトがあり、使える店舗は全国3万6500店以上となっています。使い方はとてもカンタン!パソコンやスマートフォンでギフトを選んで、オンラインで決済すればメールやSNSでメッセージと一緒にギフトを贈ることができます。

LINE GIFT(ラインギフト)
感謝の気持ちをカジュアルに伝える「ソーシャルギフト」
>LINE GIFT(ラインギフト)

LINE株式会社の運営するメッセージアプリ「LINE」内で、ギフトを贈れるサービスが「LINE GIFT」です。サービス開始は2015年と後発ながら、ユーザー数の多いLINE上で手軽に使えることから人気があります。LINEで友だちになっていれば、トーク画面から手軽にギフトを贈れるのが特徴で、選べる商品もドリンクやフードから百貨店の商品までバリエーションも豊富。あらゆるシチュエーションで活躍します。

いかがでしたか?

ソーシャルギフトの魅力は、今まで伝えにくかった“ちょっとした感謝や祝福”の気持ちを伝えられること。あなたもぜひ、お世話になった友人や家族に、ソーシャルギフトで素直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル