J:PLUS
たのしいこと、全力応援

世界中で人気爆発中!「eスポーツ」を知ろう!!

趣味・レジャー IT・デジタル TV・エンタメ 2018.09.12
世界中で人気爆発中!「eスポーツ」を知ろう!!

日本勢の活躍が記憶に新しい“第18回アジア競技大会”で、ビデオゲームで対戦する”eスポーツ”がデモンストレーション競技として行われました。計6つのタイトルが競技種目として採用され、サッカーゲームの「ウイニングイレブン2018」では、日本代表が金メダルを獲得しています。

eスポーツは何年も前からアメリカを中心に大規模な大会が開かれており、その競技人口はすでに1億人以上ともいわれています。ところが日本ではまだまだ馴染みが薄く、今回の金メダル獲得のニュースを見てはじめて知ったという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなみなさんのために、eスポーツについて詳しく解説していきます!

ビデオゲームなのにスポーツ?

「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、すでに説明したように“ビデオゲームでの対戦”をスポーツとして扱うものです。しかし、日本でスポーツといえば、“体を動かすもの”という認識が一般的であり、ビデオゲームは“遊び”というイメージしかないため、ほとんどの方がビデオゲームをeスポーツと呼ぶことに違和感を覚えるのではないでしょうか?

しかし、欧米ではチェスやポーカーといった頭を使うボードゲームやカードゲームは“マインドスポーツ”と呼ばれています。これは、スポーツという言葉のなかに、遊戯や競争するといった意味が含まれているからで、たとえば、オートバイやクルマのレースを“モータースポーツ”と呼ぶのも同じ理由です。

マインドスポーツは思考能力や判断能力を、モータースポーツは操縦技術と正確性を競う競技と考えれば、思考能力、判断能力、操作技術、正確性が求められるビデオゲームもスポーツと呼ばれることに納得できるのではないでしょうか?

海外では賞金総額1億ドル以上という大会も開催されており、米調査会社「Newzoo」によると2017年の世界eスポーツ市場規模は700.9億円、視聴者数3億3500万人と試算されており、2018年には市場規模は38.2%、視聴者数は13.8%成長すると予想されています。

日本でも、今年1月に複数のeスポーツ関連団体が合併し、「一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)」が設立されたほか、テレビでeスポーツ関連番組が放映されたり、eスポーツで生計を立てるプロゲーマーが紹介されたりするなど、eスポーツは徐々に盛り上がりを見せています。

<関連リンク>
>一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)

有名なあのタイトルから最新ゲームまで!

世界中で人気爆発中!「eスポーツ」を知ろう!!

eスポーツでは、ゲームタイトルがそれぞれ別の競技種目として扱われます。現在、eスポーツの大会では、大きく下記の4つのジャンルのゲームタイトルが使われています。それぞれのジャンルの特徴と代表的なゲームを紹介していきましょう。

●マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)

2つのチームにわかれたプレイヤーがそれぞれキャラクターを操作し、敵チームの本拠地破壊を目指して戦います。世界でもっともプレイ人口の多い「League of Legends」のほか、「Dota 2」、「SMITE」といった人気タイトルが目白押しで、高額賞金の大会が多数開催される人気ジャンルとなっています。

●シューター(FPS・TPS)

2つのチームにわかれたプレイヤーが、第一者視点(FPS:First Person shooter)、または第三者視点(TPS:Third Person shooter)で撃ち合い、敵チームの殲滅や目標地点の確保といった勝利条件をクリアすることを目標に戦うジャンルです。「Overwatch」、「Counter-Strike: Global Offensive」「Call of Duty: Infinite Warfare」「Halo 5: Guardians」「PLAYER UNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」といったタイトルが人気となっています。

●コレクタブルカードゲーム(CCG)

トレーディングカードゲームをデジタル化し、オンラインで対戦できるようにしたものです。もともと人気のあるジャンルでしたが、オンラインで簡単に対戦できるようになったことで、プレイヤー数が大きく伸びています。世界では「Hearthstone」「Gwent」といったタイトルが人気ですが、日本では「Shadowverse」も人気を集めています。

●格闘ゲーム

キャラクターを操作して、相手のキャラクターと格闘して倒すことが目的です。日本発祥ということもあり、国内では非常に人気が高いジャンルで多数のプロゲーマーが存在します。「ストリートファイターシリーズ」「鉄拳シリーズ」「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」が主なタイトルとなっています。

●その他

上記で紹介したほかにも、ひとりで複数のキャラクターや施設を操作して、相手勢力と戦う「リアルタイムストラテジー(RTS)」、サッカーなど実在のスポーツを元にした「スポーツゲーム」、相手と対戦できる「パズルゲーム」なども、eスポーツとして認知されていますが、上記の4大ジャンルに比べるとややマイナーなものとなっています。

将来はオリンピック種目に?

世界中で人気爆発中!「eスポーツ」を知ろう!!

前述したように、eスポーツの競技人口も市場規模も年々拡大しています。そのため、2022年のアジア競技大会では、デモンストレーション競技から正式種目になる可能性が高まっているほか、国際オリンピック委員会がeスポーツをスポーツとして認めるといった動きも出てきています。

ただし、eスポーツのなかには戦場を舞台に銃で撃ち合って相手を殺すタイトルも存在し、平和の祭典であるオリンピックには向いていないという意見もあります。実際に、国際オリンピック委員会会長のトーマス・バッハ氏は、「我々の観点から言うと、オリンピックの価値観に矛盾しており受け入れることはできません」と語っています。

また、ゲームの場合、キャラクターの追加や能力の変更、ゲームバランスの調整、ルールの変更などを、開発会社が自由にできるという通常のスポーツにはない特徴があります。そのため、たとえば開発した会社が、自国の代表が有利になるような調整を行う可能性はゼロではありません。そうした不正を防止するルールの整備や統括する団体の設立も、オリンピックの正式種目となるためには必須といえるでしょう。

もうひとつ、ゲームタイトルには著作権があるため、それをオリンピック競技として放映する際、放映権料でもめる可能性もあります。これらの理由から、オリンピックの正式種目になる可能性は、現時点では限りなく低いと考えられますが、果たしてどうなるでしょう。

いかがでしたか?

百聞は一見にしかず。「ゲームなんてスポーツじゃない!」と否定する前に、一度eスポーツの大会を見てみてください。

きっと、世界中で人気になっている理由がわかるはずです。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル