J:PLUS
たのしいこと、全力応援

Windows 10 大型アップデートの最新機能と注意点

IT・デジタル 2018.07.04
ユーザが追加した画像

5月1日に登場したWindows 10の大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」(バージョン 1803)が、6月14日にすべての機器で利用できるようになりました。

今回の大型アップデートでは、便利な新機能が新たに追加されたほか、いくつかの操作や項目が整理され、より使いやすくなっています。

そこで今回は、「Windows 10 April 2018 Update」に搭載される新機能の紹介を中心に、インストール方法やインストール時の注意点についても解説していきます。

過去の作業にすばやく戻れる“タイムライン”

ユーザが追加した画像

多くの新機能が盛り込まれた今回の機能アップデート。なかでも、注目を浴びているのが、"タイムライン(Timeline)"機能です。

タイムラインは、従来の"タスクビュー"に"時間軸"と"同期"を追加した機能で、現在作業中のウィンドウはもちろん、最大30日前の作業までさかのぼることも可能というもの。さらに、同じ"Microsoft アカウント"にログインして利用しているパソコンやスマートフォン、タブレットの作業も再開できるようになっています。

タイムラインは、[Windows]+[Tab]キーを押して[タスク ビュー]を開き、再開したいアプリのサムネイルをクリックするだけで利用できます。つまり、「1週間前に作業したWordファイルの編集を再開する」「外出中にノートパソコンでやっていた作業を帰宅後にデスクトップパソコンで再開する」「帰宅時にスマートフォンで見ていたWebサイトの続きを自宅のパソコンで読む」といったことが、すばやく、かんたんにできるのです。

ただし、残念ながら対応しているアプリはまだそれほど多くありません。ここは今後に期待したい部分です。

作業が邪魔されない“集中モード”

ユーザが追加した画像

メール・メッセージの受信やSNSの更新などを知らせてくれる"通知"機能は便利なものですが、作業やゲームに集中したいときは邪魔になることも……。そんなとき、今までは手動で"非通知モード"を有効にして通知を消していましたが、作業終了後に解除するのを忘れると、大事な通知が届かないという難点がありました。

そんな不満を解消できる新機能が"集中モード"です。この機能は、通知を一時的に非表示にできるもので、非通知にする対象や時間帯を細かく設定できるようになっています。

集中モードを利用するには、タスクバーの右端から"アクションセンター"を開き「集中モード」をクリックします。クリックするたびに「優先順位のみ」→「アラームのみ」→「オフ」の順に切り替わるようになっています。「優先順位のみ」は、あらかじめ設定した機能やアプリ以外の通知を非表示にするもの、「アラームのみ」は「アラーム&クロック」で設定したアラーム以外の通知をすべて非表示にするものです。

インストールは“Windows Update”から

ユーザが追加した画像

「Windows 10 April 2018 Update」は、6月14日以降すべてのパソコンでインストールできるようになっています。下記の手順を参考にインストールしてください。

<インストール方法>
1. 「スタート」メニューを開く
2. 「設定」をクリック
3. 「更新とセキュリティ」をクリック
4. 「Windows 10、バージョン1803の機能更新プログラム」のダウンロードを待つ
5. 「今すぐ再起動する」をクリック
※お使いの機種やWindowsのバージョンによって異なる場合があります。

今回のアップデートは大規模な修正のため、インストールには時間がかかります。すぐにパソコンを使う必要がある場合は、更新プログラムのインストールは後にしましょう。

★ ★ ★ ★ 注 意 ★ ★ ★ ★

今回の更新プログラムを適用すると、お使いの機種やご利用中のプログラムによってはWindowsが起動しなくなる、正しく動作しなくなるといった不具合が報告されています。

更新プログラムを適用する際は、必ずお使いのパソコンや周辺機器のメーカー公式サイト、ご利用中のプログラムやアプリの公式サイトで確認してからインストールしましょう。

下に現在までに判明している不具合の情報をまとめましたので、参考にしてください。

> Windows 10 April 2018 Update をインストールした後、新しいパーティションがファイル エクスプローラーに表示される
> Windows 10 April 2018 Update から言語が削除できません
> April 2018 Update をインストールしてから、アプリがカメラやマイクにアクセスできません
> Windows 10 version 1803 (April 2018 Update) で、日本語版 Microsoft IME を無効化すると、タッチ キーボードが起動しない
> Windows 10 April 2018 Update をインストールしようとすると、「ディスクリート GPU をディスプレイに接続したハイブリッド ラップトップ」エラーが表示する
> Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) を適用後、Outlook での文字入力に問題が発生する
> Windows 10 April 2018 Update環境で、縦書きのダッシュやリーダーなどが横書きで表示されてしまう(一太郎)

解決済みの不具合
> Intel SSD 600p シリーズ、または Intel SSD Pro 6000p を搭載したデバイスで Windows 10 April 2018 Update にアップデートすると UEFI 画面で再起動やクラッシュが繰り返されることがあります
> 東芝 XG4 シリーズ、東芝 XG5 シリーズ、または、東芝 BG3 シリーズ ソリッドステート ディスク (SSD) ドライブを搭載したデバイスは、Windows 10 April 2018 Update へのアップグレード後にバッテリ駆動時間が減少する可能性があります
> Windows 10 April 2018 Update をインストール後、「コルタナさん」や Chrome などの特定のアプリを使用すると、一部の端末がハングアップまたはフリーズすることがある
> Windows 10 April 2018 Update をインストールすると、起動時に 「キーボード レイアウトの選択」 または、ごみ箱のみの画面が表示されることがあります

> Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) のよくある質問

いかがでしたか?
いくつか大きな不具合もありましたが、現在までに致命的な問題はほぼ解消しています。

紹介しきれなかった新機能もたくさんありますので、不具合情報を確認のうえ、インストールしてみてください。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル