J:PLUS
たのしいこと、全力応援

うっかり個人情報の発信に!SNSの写真投稿をするまえにチェックすべき4つのポイント

スマホ・タブレット セキュリティ 2017.10.20
ユーザが追加した画像

すっかりおなじみになったSNS。特に利用者もうなぎのぼりなInstgramでは何気なく撮った写真も加工ひとつでおしゃれ写真になるのが魅力。
アルバム代わりに使用したり、友人知人はもちろんのこと、見知らぬ人とも写真がきっかけで楽しいコミュニケーションに繋がることも多いですよね。

でも!簡単に楽しめるからこそ自己管理が非常に大切。
誰もが情報発信者となれる今、うっかり個人情報まで発信していた!とならないよう、注意点もぜひ覚えておきましょう。

(1)自宅の場所がばれてない??行動範囲も丸見えかも!

スマートフォン、携帯電話、デジカメなど、GPS機能がついている機材で撮影した写真は「Exif(イグジフ)情報」という位置情報をはじめとした情報がデータにしっかり残っています。

写真のデータの整理などには大変便利な機能ですが、自宅で撮影したペットやこどもや料理の写真。
なにげなくSNSに投稿したことによって自宅バレしてしまっている可能性が…。

現在、Facebook、Twitter、LINE、Instagram、mixiなどの大手SNSやブログでは自動的に位置情報が削除されるようになっていますが、利用する前にそのようなシステムがあるかどうかも確かめておきましょう。

SNSはやりたい、でも絶対にトラブルはごめん!というあなたはまずは位置情報の機能をオフに。

とはいっても、正直マップ等を利用するときには位置情報がオンになっていたほうが便利なときもありますよね。

位置情報サービスiPhoneの場合、カメラだけオフにすることも可能ですのでニーズに合わせて使い分けましょう。
「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」からアプリごとにオンオフを切り替えられるようになっています。

Androidは、「設定」→「位置情報」でオンオフの切り替えができます。

※Androidの場合、端末によって設定の方法が異なる場合があります。

また、行きつけの店、こどもがいつも遊んでいる公園などなどあなたの行動範囲が特定できるような投稿はしていませんか?それって本当に大丈夫?

知られたくない人にまで情報を渡していることのないように、こちらもあわせてご注意を!

すでに位置情報入りで撮影した写真も専用のアプリを使用すればデータの削除や確認を行なうことができます。気になる方は下記アプリを参考ください。

【アプリ】iPhotoCheck
アップル

【アプリ】Exif消しゴム
グーグル

(2)そんなつもりじゃなかったではすまされない!一緒に写っているお友達にも確認を!

ユーザが追加した画像

なんの断りもなく一緒に写っている写真をSNSに載せられていたという経験はありませんか?
もしくは友達だからいいよね、とあなたも勝手に投稿を「全体に公開」したりしていませんか?
「全体に公開」とはすなわち「全世界に公開」。
ボタン一つであなたとお友達の情報が世界中に発信されてしまうという責任をお忘れなく。
あなたが思っている以上に不快に思うお友達やご家族も多いかもしれません。

おしゃれなカフェやレストランでも全体の雰囲気などを撮りたくなる気持ち、よーくわかります。
でも、投稿と同時に位置情報もアップしていたら、写り込んでいる見知らぬ人もその写真を見る可能性が大。

場合によっては肖像権侵害で訴えられる可能性も…。
トラブルを極力避けるためにも自分以外の誰かが写っている写真を投稿するときは特に慎重に!
どうしてもアップしたいときは必ずお断りを入れましょう。

(3)意外なところで個人バレ。投稿前は念には念をで隅々までチェック!

手元のアプリを操作するだけで手軽に投稿できるのがSNSの魅力。でもここにも意外な落とし穴が…

スマートフォンで投稿したものをPCの画面で見ると、自分が思っている以上に画像が大きく映し出されていて驚いたことがある人もいるのではないでしょうか。
そう、ここが落とし穴。小さな画面では確認できなかったものも大きくしてみると色々なものが見えてきます。

お子さんの名札、車のナンバープレート、お部屋に飾ってある賞状、それから窓の景色などからでも場所の特定が出来てしまい、有名人のブログ投稿では自宅バレをしてしまったという話もあります。

また職場で撮影した写真も要注意。社名や書類は写りこんでいませんか?身内のおもしろさだけで投稿しようとしていませんか?

本人に悪意はなくとも一度拡散された写真は社会問題をも引き起こすことがあります。
会社を巻き込んでのトラブルにならないよう、投稿前のチェックをしっかり行なうとともに、職場での個人的な投稿は極力控えた方が安全かもしれませんね。

(4)とっても可愛いこどもの写真。だけど数年後親子げんかの原因に?!

赤ちゃん

どんな姿でもかわいいわが子の写真。はだかんぼうで元気に遊ぶ姿やお風呂ではしゃぐ姿も記念すべき一枚です。
家族ならではのユニークな写真もたくさんフォルダの中にはあることでしょう。

でもそれまでSNSに投稿するのはちょっと踏みとどまったほうがいいかも知れません。
自分の想像の及ばないところで悪用される危険性もあるのはもちろん、それが原因で親子トラブル、いじめの原因になったという事例も発生しています。
あとで消せばいいという安易な考えも一度流出させてしまったからにはSNSの世界では通用しません。
お子さんの安全を守るためにも今一度投稿写真の見直しも行ってみましょう。

Instagramではアーカイブ機能で一度公開した写真を削除せずに非公開にして自分のみ閲覧できる機能もついています。
対象の投稿写真の右上の「…」をタップして「アーカーブに移動」を選択するだけで操作は完了。
アーカイブ方法

また、見たいときには画面上の時計のマークをタップするとアーカーブに移動した写真をみることができます。削除せずに思い出を残しておけるのでぜひ覚えておきたい機能です。
アーカイブ確認
※iPhoneとAndroid端末では一部表記が異なる場合があります。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル