J:PLUS
たのしいこと、全力応援

WiMAXとWi-Fiの違いを教えてください

IT・デジタル

J:PLUS

近年、ファーストフード店やカフェで、無料Wi-Fiが使える場所が増えています。また、低料金でネットに接続できるWiMAXも普及してきました。

Wi-FiやWiMAXは、どちらもLANケーブルを使わずに、無線でインターネット接続できる技術ですが、いったい、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は、このWi-FiとWiMAXの違いについて、詳しく探っていきます。

提供元の違い

Wi-Fiは、Wi-Fi Alliance(ワイファイ・アライアンス)という団体によってつけられた、通信規格の名称です。無線LANを利用して相互に接続できることが証明されれば、Wi-Fi Allianceに認定され、Wi-Fiロゴの使用が許可されます。つまり、Wi-Fiのロゴがある機器同士は、接続できるということです。

一方、WiMAXは、WiMAX Forum(ワイマックス・フォーラム)という団体が、WiMAX製品のテストや認定を行なっています。Wi-Fiに比べて審査は厳しく、また、国から通信事業者の免許を取得していないと、サービスを提供することができません。

利用範囲について

Wi-Fiとは、かんたんに説明すると、CATVや光ファイバーなどの有線インターネット回線を無線LANルーターにつないで、無線に切り替えています。この無線の電波が届く範囲内でWi-Fi通信ができます。

外出先で利用するには、カフェや駅内など無線LANサービスが提供されている場所では、Wi-Fi接続が可能です。無料で利用できるもの、会員登録が必要なもの、有料のものなど、様々な形式があります。

また、ドコモやソフトバンクなど、各キャリアが提供している「小型Wi-Fiルーター」を利用してWi-Fi接続する方法もあります。これは、携帯電話用の3G/4G回線を受信してWi-Fiに切り替えるもので、広い範囲で利用することができます。しかし、通信制限があったり、通信速度が遅かったりというデメリットもあります。

この方式で、WiMAX規格の電波を利用するのが、WiMAXです。WiMAXは、サービスエリア内であれば高速通信が可能ですが、通信範囲が弱点でした。以前は山間部や地方都市などでは、つながりにくいといわれてきましたが、新しい規格WiMAX2+の登場によりエリアはかなり拡大されています。

用途に合わせて選択しよう!

色々と種類があるので、どれを使用したらいいか…と悩む人もいるでしょう。そこで、おすすめしたいのが、使用する用途や場所などによって、自分にあったものを選ぶことです。

普段、重いデータのやりとりを行っていたり、動画サイトを見たり、ゲームで遊んだりといったことが多い人は、WiMAX2+をおすすめします。高速通信が可能で、ストレス無く利用できることがその理由です。

しかし、気をつけたい点が…。WiMAXを提供しているUQ WiMAXの場合、今までは無制限に使用することができたのですが、つい最近、「直近3日間3Gバイト」を超えた場合、通信速度が上下最大で1Mbps程度に制限されるという通信速度制限が開始されてしまいました。あまり使い過ぎると通信速度が制限されますので、注意しましょう。

また、出張や旅行が多く、地方に出かけることが多い人は、広いエリアをカバーしている「小型Wi-Fiルーター」がおすすめです! 使用しているスマートフォンのキャリアによって、スマホ割引が適用でき、料金がお得になるケースもあるのであわせて確認してみましょう。

そして、あまり外出先でパソコンなどをネットにつながない人は、無料のWi-Fiスポットで十分です。コンビニやコーヒショップなど、無料のWi-Fiがたくさんあるので、それで事足りるでしょう。

いかがでしたか?

Wi-FiとWiMAXの違いについて、ご理解いただけましたか? 自分の用途に合うものを選ぶようにしてください!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル