J:PLUS
たのしいこと、全力応援

Wi-FiとBluetoothの違いって何?

IT・デジタル
J:PLUS
「Wi-Fi」と「Bluetooth」、どちらも良く耳にする言葉ですよね?

Wi-Fiはインターネットとの無線接続、Bluetoothは周辺機器との無線接続に使われますが、どちらも同じ無線なのに、どこが違うのでしょうか?

そこで今回は、この違いについて探っていきます!

そもそもWi-Fiとは何か?

「Wi-Fi」とは一言でいえば、「無線LAN」のブランド名です。無線LANとは、パソコンやスマホなどを無線でインターネットに繋げる技術のこと。無線LANが登場した当初は、違うメーカーの製品はもちろん、同じメーカーの製品でもラインナップが違うと、相互接続が保証されていませんでした。

それでは、ユーザーが困るし普及もしないということで、「Wi-Fi Alliance」という業界団体が組織され、「相互接続が認められた」機器にのみ、「Wi-Fi」を名乗ることが許されました。

つまり、「Wi-Fi」対応機器同士であれば、メーカーを気にすることなく使えるわけです。ちなみに、「Wi-Fi」とは「Wireless Fidelity」の略で、「ワイファイ」と読みます。

Wi-Fiにもいろいろな種類がある

ひとくちに「Wi-Fi」といっても、実はいろいろな規格があります。規格には、通信速度の違いや周波数の違いで「ac」「n」「a」「b」「g」といった種類があり、「IEEE802.11+規格のアルファベット」という形で表記され一目でわかるようになっています。たとえば「IEEE802.11b」という表記なら、「b」という規格であることがわかります。

そしてここからが大事なのですが、無線ルーターとスマホやタブレットなどの端末が、どちらも同じ規格に対応していないとつながりません。

といっても、すべての規格に対応している機器が多いので、それほど神経質になる必要はありませんが、念のため「Wi-Fi」機器を選ぶ際は、末尾のアルファベットを確認しましょう!

近距離限定のBluetooth

それでは「Bluetooth」とは何でしょう? ものすごくカンタンに説明すると、「数メートルの距離を無線で通信する規格」のことです。

たとえば…「スマホ」と「ヘッドフォン」、「パソコン」と「マウス」といったものです。

無線接続という点は「Wi-Fi」と同じですが、「Bluetooth」は距離が10m以内という制約があります。また、大容量データをやり取りすることができ、消費電力が低いという特徴もあります。

現在、「Bluetooth」は、バージョン1.1~4.0まで6種類ありますが、バージョンが違ってもつながるようになっているので、それほど気にする必要はありません。

テザリングはどちらを使う?

「テザリング」とは、「スマホ」の通信回線を使って、「パソコン」や「タブレット」を、インターネットに接続できるようにする機能です。「スマホ」とネットに接続したい機器を接続するには、「Wi-Fi」や「Bluetooth」、「USB」を使います。

最も通信が速いのは「USB」接続です。ただし、タブレットなどのUSBポートを持たない機器は、接続できないので利用できません。また、「スマホ」側に常時給電することになり、接続した側のバッテリー消費が激しくなります。

次に速いのは「Wi-Fi」です。「Wi-Fi」でもっとも古い規格である「IEEE 802.11b」でも、それなりの通信スピードが出ます。ケーブルも必要ないので、一般的にはこの接続方法がベストです。ただし、バッテリーの消費はかなり多くなってしまいます。

そして、通信スピードが一番遅いのが「Bluetooth」です。ストレスなく使えるのは、メールチェック程度でしょう。その代わり、バッテリーの消費量が「Wi-Fi」より少ないというメリットがあります。

ただし、Bluetoothテザリングに対応していないスマホもあるので、使えるかどうかの確認が必要です。

いかがでしたか?

Wi-FiとBluetoothの違い、ご理解いただけたでしょうか? 大雑把な覚え方ですが、ネットにつなぐのがWi-Fi、機器同士をつなぐのがBluetoothと覚えておきましょう!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル