サポート・よくある質問

メールソフト|Outlook 2016|設定確認と変更方法(POP|送受信暗号化)

Outlook 2016での設定確認と変更方法をご紹介します。

1「Microsoft Outlook 2016」を起動します。
2受信トレイが開いたら、「ファイル」をクリックします。
3「アカウント設定」内の「アカウント設定」をクリックします。
4対象アカウントを選択して「修復」をクリックします。
5「詳細オプション」から「自分で自分のアカウントを手動で修復」にチェックを付けます。
「修復」をクリックします。

注意ご注意

①下図が出る場合、「自分で電子メールや〜」にチェックを付けて、「次へ」をクリックします。
 従来の「POPとIMAPのアカウント設定」画面が開きますので、サーバー+ポート設定を進めてください。

②ほかの画面が出る場合、「×」で閉じて、手順4の画面に戻り「変更」をクリックします。
 従来の「POPとIMAPのアカウント設定」画面が開きますので、サーバー+ポート設定を進めてください。

6サーバー+ポートの設定内容が確認できます。
必要に応じて設定変更して「修復」をクリックします。

▼画像では、受信ポート「110」ですが、送受信暗号化にする場合は「995」にします。
▼画像では、「このサーバーでは暗号化された〜」がオフですが、送受信暗号化にする場合は「SSL/TLS」にチェックを付けます。
▼画面中段の「送信メール」をクリックして、送信用設定に切り替わります。

7アカウントの修復が完了しました。
引き続き、必要に応じてアカウント変更設定を行います。

8対象アカウントを選択して、「変更」をクリックします。
9サーバー情報+ポート番号の設定を必要に応じて変更して、「次へ」をクリックします。

・自分の名前(メール差出人名)が、メールアドレスになっている
・サーバーにメッセージコピーを残す設定が「14日後、サーバーから削除」になっている

10アカウント更新が完了しました。

解決しない場合はこちらもご参照ください。

     Now Loading ...

このページの情報は
役に立ちましたか?

閉じる

ご協力ありがとうございました。

このページの情報は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

このページの内容について、ご意見・ご要望をお寄せください。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、 お問い合わせページ をご利用ください。

コメント送信
OK
キャンセル