サポート・よくある質問

落雷の対策方法 〜雷が近づいてきたときは〜

精密電子機器であるパソコンや周辺機器、ケーブルモデムは、落雷時に発生する「雷サージ(※1)」の影響で故障する可能性があります。

※1 雷サージ: 雷により瞬間的に発生する、非常に大きな電流。異常電位。


落雷の侵入経路

1)ケーブルテレビ回線経由

お客様宅にケーブルモデムの設置工事を行う際、落雷などの影響から屋内機器(ケーブルモデム、ホームターミナル、電話機等)を守るため、ケーブルテレビ回線(引込線)と屋内配線との間に保安器と呼ばれる安全装置を設置しています。
万が一、落雷によりケーブル回線に雷サージが発生した場合でも、この保安器によって屋内機器は保護される仕組みとなっています。

2)電力線、電源コンセント経由

電力線に落雷すると、電源コンセントやLANケーブルから雷サージが侵入する場合があります。
パソコンや周辺機器を保護するために、以下の「落雷の対策方法」を実施してください。


落雷の対策方法

落雷による機器故障の原因の大半は電源コンセント(電力線)から侵入する雷サージによるものですので、雷が接近する前に以下の対策を実施してください。

  1. パソコン、周辺機器の電源を切り、電源コンセントを抜く。
  2. ケーブルモデムの電源コンセントを抜く同軸ケーブルは絶対に抜かないでください)
  3. ケーブルモデムとパソコンをつないでいるLANケーブルを抜く。

<ご注意>

  • 雷の発生中に上記の作業を行うことは大変危険です。
  • 雷が近づいた場合には電源コンセント(電力線)に触れないでください。
  • ケーブルモデムに接続されている同軸ケーブルは絶対に抜かないでください。
  • 同軸ケーブルの抜き差しにより、インターネット接続に不具合が発生する可能性があり、その場合の修復費用は有償となります。

天候が回復したら

以下の手順にて、抜いたケーブル等を接続してください。

  1. ケーブルモデムの電源コンセントを接続し、各ランプが正常に点灯することを確認する。
  2. LANケーブルを元通りにパソコンとケーブルモデムに接続する。
  3. パソコン、周辺機器の電源コンセントを接続する。
  4. パソコン、周辺機器の電源を入れ、インターネットに接続できることを確認する。


落雷後、「ケーブルモデムの電源が入らない」や「ケーブルモデムのランプ状態がいつもと違う」等、ご不明な点がある場合は、 こちらまでお問い合わせください。

 

<参考> ケーブルモデム背面図

Cable Modem

 ※ ご加入のケーブルテレビ局によって、ケーブルモデムの種類は異なります。
   (図は一例です。ケーブルモデムの形状については こちらをご参照ください。)


■集合住宅にお住まいのお客さま

  1. 共用部の電灯が消灯していたり、オートロックが停止している場合、お住いにある共用部のブレーカーが落ちている可能性があります。
    この場合弊社設置機器である、増幅器への電源供給が絶たれ、サービスがご利用できない状態となります。
    共用部の状況をご確認いただき、こちらまでご連絡をお願い致します。
  2. 共用部の電灯は点灯しているが、サービスのご利用が出来ない場合、弊社が貸与している、セットトップボックスやケーブルモデムの電源抜き差しをお試しください。
    電源抜き差し後もサービス利用が出来ない場合は、こちらまでご連絡をお願いします。

この記事は役に立ちましたか?

このページの内容について、ご意見・ご要望をお寄せください。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、 お問い合わせページ をご利用ください。

解決しない場合はこちらもご参照ください。

     Now Loading ...
OK
キャンセル