J:PLUS
たのしいこと、全力応援

[Instagram]で動画を投稿してみよう!

IT・デジタル スマホ・タブレット 2017.08.10
ユーザが追加した画像

「Instagram」は、かんたんに説明すると写真や動画の投稿に特化したSNSアプリ。
できることは、写真や動画の投稿とコメントというシンプルさが特徴です。

芸能人やセレブ、スポーツ選手、ミュージシャンなどが使い始めたことで人気に火がつき、現在、全世界で毎日3億人以上、月間では7億人以上が利用する大人気のアプリになりました。
世界の総人口は約70億人といわれていますので、なんと10人に1人が使っている計算!スゴイですね!!

これまでも、なんどか紹介してきましたが、今回は“動画”の投稿について詳しくお伝えしていきます。

「Instgram」のアカウント登録や写真の投稿などについては、以下の記事を参考にしてください。

【関連リンク】
[Instagram] スマホで撮った写真を手軽にシェア!
 [Instagram] フィルタ機能で写真をオシャレに加工しよう!
 [Instagram] 写真に合ったタグをつければ世界中から反応が!
 [Instagram] 会心の傑作をSNSにアップして友達と共有しよう!

動画を撮影して投稿しよう!

「Instgram」に投稿できる動画には、最大60秒という制限がありますが、60秒以内であれば複数のシーンをつなげることができます。
たとえば、20秒ずつ3シーン、15秒ずつ4シーン、10秒→30秒→20秒の3シーンといった具合に、自由にシーン分割して撮れるのです。
ユーザが追加した画像
また、撮影後にフィルターなどで加工できるのも、写真の投稿と同じです。

それでは、さっそく動画を撮影してみましょう!

ユーザが追加した画像「Instagram」を起動したら、一番下の真ん中にある【+】アイコンをタップします。
続いて、右下の【動画】をタップしてください。

 

ユーザが追加した画像これで、動画の撮影準備は完了です!

下部中央にある【◯】ボタンを長押ししている間だけ撮影します。ボタンから指を離すと撮影終了。

別のシーンを撮影したいときは、また【◯】ボタンを長押しすれば撮影が始まります。
撮影を終わる場合は、右上の【次へ】をタップします。

 

ユーザが追加した画像動画を加工したいときは、好きなフィルターをタップします。【カバー】をタップすると、動画のサムネイルに使うシーンを選ぶことができます。加工が終わったら、右上の【次へ】をタップします。

今回は加工しないので、すぐに【次へ】をタップします。

 

ユーザが追加した画像最後に、キャプションに動画の説明を書き込みます。
今回は「アイスコーヒー」と入れます。
あとは【シェアする】をタップすれば動画の公開完了です!

 

ストーリーを使ってみよう!

ユーザが追加した画像

なんとなく撮った動画など、「みんなにはちょっと見てもらいたいけど、ずっと残しておくほどのものではない…」といった場合は、ストーリーへの投稿がおすすめです。
ストーリーに投稿した動画は、24時間で自動的に消去されます。

ユーザが追加した画像ストーリーに投稿する動画を撮影するには、ホーム画面上部のストーリー欄にある【自分のアイコン】か、左上の【カメラ】アイコンをタップします。

 

ユーザが追加した画像すると、撮影画面に切り替わりますので、【◯】ボタンを長押しすると動画が撮影できます。
ストーリーへの投稿の場合、動画は最大15秒までとなります。

 

ユーザが追加した画像また、最下段のリストから動画の種類をタップで選択できます。
通常の動画の投稿にはない、面白い動画を撮ることができます。

・【LIVE】最大1時間までの生中継
・【BOOMERANG】再生と逆再生をループする動画
・【REWIND】逆再生動画
・【ハンズフリー】タップで動画撮影

※iPhoneとAndroid端末では一部表記が異なります。

 

ユーザが追加した画像撮影が終了すると編集画面になります。
ここでは、動画にフリーハンドで線を描き込んだり、スタンプを押したり、テキストを打ち込んだりといった加工ができます。

 

ユーザが追加した画像加工が終わったら、下の【ストーリー】をタップすれば投稿完了です。

※右下の「次へ」に進むとストーリーをダイレクトメセージで送ることもできます。

 

ストーリーの場合、24時間以内に追加投稿すると、過去の投稿の後ろに追加され、連続で再生されるようになります。
ストーリーで撮れる動画は最大15秒ですが、この機能を上手に使うことで、短編動画を連続させて物語にするといった使い方も。

もちろん、動画以外に写真の投稿も可能です。
手順は動画と同じで撮影時に【◯】ボタンを長押しではなくタップ(短く押す)することで写真が撮れます。

1日で消えてしまうので、気軽になんでも投稿してみましょう!

コメントをもらったら返信しよう!

「Instgram」の魅力は、写真や動画をきっかけに世界中の人と交流できることです。
投稿した写真や動画にコメントをもらったら、返信してみましょう。

コメント欄に返信を投稿してもいいのですが、このやり方だと相手に返信があったことが通知されません。
せっかく返信するなら、相手に伝わるよう「@(ユーザーネーム)」を頭につけて返信しましょう。
これを「メンション」と呼びます。

iPhoneの場合は、コメント欄の返信したい相手のユーザーネームを長押しするか、
返信したいコメント部分を左にスワイプして出てきた左曲がりの矢印ボタンをタップすれば、「@(ユーザーネーム)」が入力されるので、続けてコメントを入力してください。
Androidの場合は、返信したいコメントをタップすると画面上部に左曲がりの矢印のアイコンが出現しますので、それをタップします。

コメントの入力が終わったら「投稿する」をタップしましょう。
これで、返信が投稿され、同時に相手の「アクティビティ」に返信があったことが通知されます。

こうして、コミュニケーションを取ることで、どんどんフォロワーの輪が広がっていきます。

「Instagram」は世界中の人が利用しているサービスです。
どんどん写真や動画をアップして、もらったコメントに返信して、世界中の人と交流してみてください。
思わぬ出会いがあるかもしれません!

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル