J:PLUS
たのしいこと、全力応援

今日から使えるスマホ撮影術!(2)

スマホ・タブレット 2017.05.22
ユーザが追加した画像

新機種が出るたびに進化するスマホのカメラは、すでにコンパクトデジカメと同等かそれ以上の性能となり、撮った写真をその場でSNSにアップしたり、友だちにメッセージアプリやメールで送ったり、クラウドにバックアップできるなど、デジカメにはないメリットも!そのため、日常のシーンはもちろん、旅先でもスマホで写真を撮る人が多い時代となりました。

ところが、写真が手軽に楽しめるようになった反面、「思ったような写真が撮れない」「いつも失敗してしまう…」といった、写真のデキに悩みを持つ方も増えているようです。

前回は、スマホで写真が上手に撮れる撮影術を紹介しましたが、今回はスマホのパノラマ撮影機能やアプリを利用した“あっと驚く”おもしろ写真の撮影方法についてお伝えします。

スマホで上手な写真を撮る方法!

ユーザが追加した画像

おもしろ写真の紹介の前に、カンタンに前回の復習から始めましょう。

スマホで写真を上手に撮るコツは、“両手で”スマホをしっかり持って、被写体にきちんと“ピントを合わせる”ことです。これだけでも、今までの写真とは仕上がりが変わります。

そして、もうひとつのコツは、できるだけ明るいところで撮影すること。特に人物の顔にはできるだけ光をあてましょう。暗い場所で撮影する際は、白いハンカチなど光を反射するものを広げて、光を補いましょう。

このふたつのコツを覚えておくだけで、今までとは違った写真が撮れるようになります!

詳しくは前回の「今日から使えるスマホ撮影術!(1)」を読んでください!

スマホカメラの機能で遊んでみよう

ユーザが追加した画像

多くのスマホには、スマホを水平に動かしながら撮影すると、景色が横長のパノラマ写真で撮影できる「パノラマ撮影」という機能が搭載されています。風景を撮るときに使っている方が多いのではないでしょうか。

このパノラマ撮影、実はアイデア次第でいろいろな「おもしろ写真」を撮ることができるのです。そこで、パノラマ撮影を使ったおもしろ写真の撮影方法について紹介しましょう。

みんなが驚く「分身の術」
1枚の写真に同じ人物がたくさん写る「分身の術」。これはパノラマ撮影中に、被写体となる人物が移動することで撮ることができます。コツはスマホを極力ゆっくり動かすこと、被写体となる人はフレームアウトしたら撮影者の後ろを回って先回りしてポーズを繰り返すことです。

ゆっくり動かすのは、被写体の移動時間を稼ぐため、後ろを回るのはスマホの前を横切ると写り込んでしまう可能性があるためです。はじめての挑戦で、一発で成功させるのは難しいので、何度もやってコツを掴んでください。みんなで楽しみながらワイワイやることをおすすめします。

何度やってもうまくできない…という方は、分身写真が撮れるアプリ「Clone Camera」がおすすめ。アプリで撮影して指示通りに加工するだけで、かんたんに分身写真が完成します。

【アプリ】Clone Camera (クローンカメラ)
googleアイコン appleアイコン

気分は人気マンガの主人公
ゴムゴムの実を食べて手足が伸びるようになった人気マンガの主人公気分が味わえるのが、この「手が伸びる写真」です。分身の術では、被写体が写り込まないように移動しましたが、こちらはワザと腕だけを写り込ませることで、腕が伸びているような写真が撮れます。

撮影は、最初に拳が中心にくる位置で撮影を開始し、被写体は腕を前につきだしたままスマホの動きに合わせて後ろに歩くことです。スマホはできるだけゆっくり動かすことが成功させるコツ。被写体は適当なところで歩くのをヤメ、スマホは全身を写したら撮影を止めましょう。こちらも、一発で成功することはほぼないので、試行錯誤しながら挑戦してみてください。

恐怖!首が飛んでしまうビックリ写真
友だちの首が真横に飛んでいる!そんなビックリ写真は、縦方向でパノラマ撮影をすることで撮ることができます。撮影者はスマホを下から上に動かしながら被写体を撮影します。フレームの中央が首のあたりに来たら、被写体に声をかけてください。声をかけられた被写体はすぐに横に移動し、撮影者はそのまま上まで撮影しましょう。移動前も移動後もできるだけ動かないようにがんばってください。こちらも一発で成功させるのは難しいですが、上のふたつのワザよりは、難易度は低くなっています。

おしゃれな町並みを1枚に収める
通りに沿って立ち並ぶおしゃれな建物、キレイな花が咲き乱れる花壇、壁一面に描かれたグラフィティ(落書き)など、写真を撮っても全体が収まらず、かといって離れて撮ると迫力が伝わらないといった場合、パノラマ撮影を使います。パノラマ撮影はスマホを回転させて周囲360度の風景が撮れますが、横に移動することで横長の写真も撮れるのです。

コツはできるだけ上下にブレないように移動することで、歩きながら撮るほか、自転車に取り付けたり、車で徐行しながら撮ったりすることもできます。そのほか、景色の見えるエレベーターで登りながら撮るなど、工夫次第でいろいろな風景写真が撮れるので、いろいろとやってみてください。

また、ぐるっと1周回れる「360度のパノラマ写真」を撮れるアプリもおすすめです。まるでその場にいるかのような写真が撮れるので、名所、絶景ポイントなどで撮影すれば、素敵な思い出を残せます!

【アプリ】パノラマ360:全体像
googleアイコン

【アプリ】bubbli
appleアイコン

アプリを使ってもっと写真を楽しもう!

ユーザが追加した画像

デジカメにはないスマホならではの利点は、なんといっても「アプリ」が使えることです。本格的な画像補正ができるアプリや美肌に修正してくれるアプリ、スタンプやメッセージを書き込めるアプリなど、実にさまざまなアプリがあります。

ここからは、人気のアプリ、便利なアプリを紹介しますので、ぜひ使ってみてください。

世界各国のカメラアプリランキングで1位を獲得した「カメラ360」!
スマホの標準カメラアプリも高機能なものが増えていますが、それを凌ぐ高性能・高機能カメラアプリが「カメラ360」です。7か国のカメラアプリランキングで1位を獲得し、ユーザー数は全世界でなんと7億人!!200種類以上のフィルター、自由自在に盛れる自撮り機能、動物やキャラクターになりきれるステッカー、写真加工・補正機能など、あらゆることができる写真アプリの決定版です。

【アプリ】カメラ360
googleアイコン  appleアイコン

写真合成がカンタンにできるスマホ版フォトショップ「Adobe Photoshop Mix」
プロのデザイナーが使うフォトショップのスマホ版で、写真の合成に特化したアプリ。写真を切り抜いて別の画像に重ねるといった高度な作業もカンタンにできます。画像の補正、色調調整などもできるので、イメージ通りに加工可能。おもしろ写真、不思議な写真をつくって、友人知人を驚かしてみてはいかがですか?

【アプリ】Adobe Photoshop Mix
googleアイコン  appleアイコン

プロ並みの加工をカンタン操作で実現する「Fotor」
カンタンな操作でプロ並みの加工・調整ができることから、常にランキング上位に入る人気の画像加工アプリ。
ワンタッチで補正できる「自動補正」のほか、明るさやコントラスト、シャープなど、さまざまなパラメーターを細かく指定して補正できる「編集機能」も充実。
そのほか、スタンプやフレーム、テキストの追加、写真を組み合わせたおしゃれなコラージュ写真もつくれるなど、これひとつで写真の補正・加工をすべて行うことができます。

【アプリ】Fotor画像加工
googleアイコン  appleアイコン

ここで紹介したアプリ以外にも、便利で楽しいアプリはたくさんあります!Androidの方は「Google Play」、iPhoneの方は「App Store」の検索欄に「カメラ」と入れて検索してみてください。

たくさんのアプリが見つかりますので、説明をよく読んで自分がやってみたい機能があるアプリを探してインストールしましょう。インストール前に口コミ・評価をチェックすることも忘れないでください。

【関連リンク】
今日から使えるスマホ撮影術!(1)

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル