J:PLUS
たのしいこと、全力応援

間もなくGW!海外でスマホを使うならコレだけは知っておこう!!

趣味・レジャー スマホ・タブレット 2017.04.14
ユーザが追加した画像

間もなくゴールデン・ウィークがやってきます。毎年、たくさんの人が海外旅行に行くシーズンですが、渡航先でいつも使っている携帯やスマホをそのまま使いたいという方が多いのではないでしょうか?

ご存知の方が多いと思いますが、現在、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯やスマホは、「ローミング」というサービスにより、ほぼ世界中で使えるようになっています。ただし、思わぬ落とし穴も…。

それは、ズバリ「利用料金」です!

海外での利用は、国内とは違う料金体系となるため、思わぬ高額請求になることも。そんな痛い目に遭わないよう、渡航前に料金をしっかりチェックしておきましょう!

ローミングってなに?

ユーザが追加した画像

ローミング(roaming)とは、「docomo、au、ソフトバンクなど各キャリアの電波が届かない場所(主に海外)へ行ったとき、各キャリアが提携している現地の携帯電話会社の電波を利用して普段使っている携帯やスマホが利用できる機能」のこと。通話は「音声通話ローミング」、データ通信は「データローミング」と呼ばれます。

現在では、ドコモは「WORLD WING」、auは「au世界サービス」、ソフトバンクは「世界対応ケータイ」という名称で、主要な国と地域でローミングのサービスが提供されているので、世界中どこにいっても、いつも使っている携帯やスマホが使えのです。

データローミングは申し込み不要の定額制が主流

ユーザが追加した画像

少し前の話になりますが、「リオ五輪体操日本代表の内村航平選手が、ブラジル滞在中にスマホアプリで遊んでいたらパケット代が50万円になってしまった」というニュースを覚えている方も多いのではないでしょうか?

こうした高額請求は「海外パケ死」と呼ばれていて、ローミングを利用した際のパケット料金が非常に高額なために起こる悲劇です。そのため、「海外旅行で自分の携帯やスマホを使いたいけど利用料金が不安…」という方が多いのではないでしょうか?

しかし、こうした高額請求が問題になったため、現在は海外のデータ通信が1日最大2,980円の定額になるサービスが各キャリアから提供されています。このサービスは各キャリアとも対象のパケット定額サービスに加入していれば申し込み不要となっています。

また、ドコモとauからは、申し込みが必要ですが、データ通信が24時間980円で使える定額サービスも提供されています。こちらの方が通信できる容量は少ないのですが、その分料金が安いので、自分の使い方に合わせて選択してください。

ただし、定額の適用条件や利用料金、設定方法などの詳細は各キャリアで異なりますので、下記の公式サイトにて確認しておいてください。

【関連リンク】
「海外データ定額サービス」
海外パケ・ホーダイ(NTTドコモ)
海外ダブル定額(au)
海外パケットし放題(ソフトバンク)

「24時間定額サービス」
海外1dayパケ(NTTドコモ)
世界データ定額(au)

Wi-Fiしか利用しない場合はデータ通信を「オフ」に!

ユーザが追加した画像

また、Wi-Fiルーターのレンタル、ホテルのWi-Fiや無料Wi-Fiスポットを活用するなど、スマホでデータローミングを利用しない場合は、データ通信をしないように設定しておく必要があります。

データローミングを使わないようにする設定もあるのですが、インストールしているアプリや滞在国によってはデータローミングをオフにしていても自動でデータ通信を行う可能性があるので、データ通信自体を無効にするほうがよいでしょう。

下記の設定例を参考に、飛行機に乗ってスマホの電源を切る前に設定しておきましょう。

【Androidの設定例】
「設定」の「その他の設定」から「モバイルネットワーク」を開き、「モバイルデータ通信」を「オフ」にしてください。
Androidのバージョンや機種によってはこの項目がない場合もあります。その場合は機内モードにしてWi-Fiだけをオンにすることで対処してください。

【iPhoneの設定例】
「設定」の「モバイルデータ通信」を開き、「通信のオプション」にある 「モバイルデータ通信」を「オフ」にしてください。または、機内モードにしてWi-Fiだけをオンにすることでも対処できます。

通話やSMSも割高に!

ユーザが追加した画像

海外では発信だけでなく、着信した電話を受けた場合も通話料がかかることに注意してください。料金は国や地域によって変わるので出発前に必ず確認しておきましょう。

また、一緒に旅行している家族や友人の携帯やスマホに発信した場合も、海外との通話扱いとなるため高額な通話料がかかります。同じ国にいるからと、国内通話の感覚で使うと目が飛び出るほどの金額の請求が届きますので、十分注意してください。

そして、電話番号でメッセージを送れるSMS(ショートメッセージサービス)の場合、受信は無料ですが送信は一通100円(税別)です。こちらも利用する際は注意しましょう。

このように、海外での携帯やスマホの利用料金は割高であっという間に利用料金が跳ね上がってしまうので、事前にきちんと調べておくことが大切です。各社の公式サイトでサービス内容、申込みが必要か否か、設定方法や利用料金について、きちんと調べておきましょう。

「設定が自分ではできない…」「本当に定額サービスになっているか不安…」という方は、 出発前に各キャリアの窓口で契約プラン、設定方法などの確認、相談をしておくことをおすすめします。
空港のカウンターで相談することもできますが、カウンターは混雑していることが多いので、 相談する場合は時間に余裕を持って空港に到着するようにしてください。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル