J:PLUS
たのしいこと、全力応援

子どもに教えたいネットの使い方

セキュリティ

ユーザが追加した画像

子どもに見せたくない有害サイト

インターネット上には、アダルトや暴力・残虐画像などの情報を集めたサイト、他人の悪口や誹謗中傷を掲載したサイト、犯罪や自殺を助長する内容のサイト、薬物や麻薬に関する情報を掲載したサイトなど、有害なWebサイトが多数存在します。

簡単なキーワードでの検索や、Webサイトや掲示板の書き込みに設置されたリンクによって容易にアクセスできるものも多く、子どもにとって有害な情報が簡単に目に触れてしまう危険性があります。

不審なWebサイトへのリンクは、有害サイトへの誘導の危険性があるため、むやみにクリックしないように教えてください。また、マルウェアが仕込まれたソフトウェアやファイルも存在するので、ダウンロードを行うときには必ず親に確認して許可をとるように決めておきましょう。

心配な場合は、「フィルタリングソフト」をインストールすることにより、有害情報が掲載されているWebサイトやお子さまに見せたくないWebサイトを閲覧できなくします(逆に、閲覧可能なホームページを指定することもできます)。また、指定の単語を含む検索結果を表示させなくしたり、書き込みを禁止する設定ができるものもありますので、導入を検討してみてください。

子どもの書き込みに注意

情報を悪用される恐れがあるため、インターネット上でむやみに個人情報を発信することは危険です。いったんインターネット上に流出した個人情報を回収することは、まず不可能です。そうなる前に、個人情報の取り扱いについて、しっかり教えましょう。

最低でも、自分の本名や住所、電話番号、顔写真などは絶対に公開してはいけないことを教えてください。インターネット上には未成年を狙う犯罪者も潜んでいることを伝え、SNSの利用方法もきちんと教えてください。

個人情報の公開は慎重に!

特に、親の目が届かないところで使うことができるスマートフォンを子どもに与える場合は、最初に上記の約束を決めて守らせましょう。破った場合には、スマートフォンを取り上げるなど厳しく指導してください。大切な子どもが、犯罪に巻き込まれないようにするのも、親の大切な役割です。

ネット依存症に注意!

長時間のインターネット利用は、生活リズムの乱れを引き起こすだけでなく、視力や集中力の低下など、健康に悪影響を及ぼします。あらかじめ、1日のインターネットの利用時間、夜間の使用禁止時間などの約束事を決めておきましょう。

子どもが自分の部屋のパソコンから1 人でインターネットを利用するというシチュエーションでは、長時間利用のほか有害なサイトを閲覧する可能性もあるなど、さまざまな危険性も高くなりがちです。

家族が集まる場所、親の目の届く場所にパソコンを置き、子どもがどのようなページを閲覧しているのか、インターネットで何をしているのかを把握するようにしましょう。

また、フィルタリングソフトで使用時間を制限することもできます。どうしても心配な場合は、深夜はルーターの機能をオフにしてインターネットに接続できなくするといった対策も有効です。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル