J:PLUS
たのしいこと、全力応援

スマートフォンのセキュリティも万全に!

スマホ・タブレット セキュリティ
ユーザが追加した画像

セキュリティの重要性

総合セキュリティソフトをインストールして、マルウェアや迷惑メール、不正アクセスなどからパソコンを守るセキュリティ対策をしている人でも、スマートフォンやタブレット端末については何の対策もしていないという方が多いのではないでしょうか。

スマートフォンやタブレット端末は、パソコンと同じようにインターネットに接続できます。つまり、パソコンと同じように、インターネットを利用する上での注意や対策はとても重要なのです。

従来の携帯電話はセキュリティ対策を考える必要はほとんどありませんでしたが、スマートフォンやタブレットは全く前提が異なります。「たくさん普及しているのにセキュリティ意識が低い」ことで、スマートフォン・タブレット端末を狙った悪質な手口は増加傾向にありますのでしっかりとした対策を実施してください。

スマートフォンのココが狙われる!

スマートフォンやタブレット端末を狙った詐欺や攻撃は、機器の普及と足並みをそろえるように多様化しています。特にAndroid(アンドロイド)端末を狙ったマルウェアが急増しています。まずは具体的な手口を知ることで、どこが危険なのかを理解してください。

ワンクリック詐欺
ワンクリック詐欺は古くからある手法ですが、最近のものは「GPS情報の取得」や「カメラの起動」を伴うワンクリック詐欺がでてきました。成人向けのコンテンツなどを閲覧した際に「コンテンツの閲覧にはアプリが必要です」と表示され、そのアプリをインストールしてしまうと、アプリ起動時にカメラのシャッター音が鳴る、突然料金の請求画面が表示される、といった不正な動作が起こるというものです。

実際には撮影機能のないアプリで撮影音を出し「顔を撮影されたかもしれない……」と思わせたり、取得したGPS情報で現在位置を表示させ「現在地を知られている」と思わせたりすることで不安感をあおり、料金と称して金銭をだまし取ろうとします。

偽サイト
スマートフォン・タブレット端末では、パソコンとはWebサイトのレイアウトが変わります。これを巧みに利用して、本物そっくりにデザインされた偽サイトで利用者をだます手口が確認されています。

偽サイトを本物だと思い込んでしまい、リンクやアプリのダウンロードボタンをクリックすると、スマートフォン・タブレット端末が不正にアクセスされ、電話帳の情報をはじめとする個人情報が盗まれてしまいます。

巧妙なのは、画面上でURLが表示されているアドレスバーがパソコンよりも短いことを目くらましに使っている、という点。見えている部分とページのデザインだけを見ると、本物と区別がつきません。

偽アプリ
アプリの中には、機能上「位置情報」「電話帳連携」「他のアプリの情報使用認証」などを求めてくるものがあります。人気のSNSアプリにも見られる傾向なので、確認画面が出てきても、抵抗なく「OK」や「許可」ボタンを押している人が多いようです。

何らかの理由で不正なアプリがインストールされてしまった場合、そうと気付かずに「OK」「許可」を押してしまうと、不正なアプリが大事な個人情報を流出させるのを、自分で許可してしまっているのです。

不正なアプリは、上記のようなワンクリック詐欺や偽サイト経由のほか、非公式のアプリ配布サイトから配布される場合もあります。人気の有料アプリが無料だったり、人気ゲームアプリに似せていたり、ついインストールしたくなるようになっていますので、くれぐれも注意してください。

アプリのインストールは、公式のアプリストアを使ってください。Androidなら「Google Play」、iOSなら「AppStore」を利用することで、偽アプリをインストールしてしまうリスクは大幅に減少します。

アナタのスマホを狙う偽アプリにご用心! 

ランサムウェア
ランサムウェアとは、スマートフォン・タブレット端末をロックして使えなくしてしまい、解除するためには金を払えと要求するマルウェアです。ランサムというのは「身代金」のこと、端末を使えるようにする代わりに身代金を払わせようとする手口です。

上記のようなアプリのインストールで感染したり、OSの脆弱性を利用して侵入したり、と感染経路はさまざまです。感染してしまうと端末をリセットするしかありませんので、十分注意してください。

被害拡大中! ランサムウェアに注意!!

遠隔操作アプリ
マルウェアに感染したパソコンが「遠隔操作」される被害が増えていますが、実は、スマートフォン・タブレット端末でも同じ被害が報告されています。事例としては、突然「アップデート用のリンク」のクリックを催促するメッセージが届き、そのリンクをクリックすると感染してしまうというものです。

感染してしまうと、スマートフォン・タブレット端末が遠く離れた場所から操作され、勝手にメールを送信される、位置を特定される、といった被害につながってしまいます。現在普及している「失くしたスマートフォンを探せるメーカー公認の遠隔操作アプリ」などの影響もあり、使う側の「警戒心」の薄さを突いた手口です。

このように、スマートフォン・タブレット端末は、パソコンと同じくらい脅威にさらされています。次に解説するセキュリティ対策をしっかりと実施して、大切なスマートフォン・タブレット端末を守ってください。

セキュリティアプリを導入しよう

ユーザが追加した画像
これまでに紹介してきたような被害にあわないためには、スマートフォン・タブレット端末のセキュリティ対策を実施する必要があります。まず、導入したいのが総合セキュリティソフトです。

増加する被害に対応するようにして、スマートフォン・タブレット端末用のセキュリティソフトが続々と誕生しています。価格は3,000円前後の本格的なものや、広告が表示されたり一部機能が制限されたりしている無料のものまで、種類はさまざま。機能も、ウイルス対策・迷惑SMS対策・紛失対策など、ソフトによって多岐にわたります。

ほとんどは通常のアプリと同じようにOS公認のストアから入手できるので、ぜひ一度探してみてください。ただし、その際もほかのアプリと同じように、事前の注意・情報収集は忘れずに。ウイルス対策ソフトを装ったウイルスだった……という被害も報告されています。リスクのところでも紹介しましたが、どこが作ったアプリで、どこに公開されているか、はとても重要な情報です。以下のチェックポイントは必ず確認してください。

チェックポイント
【信頼できるメーカーかどうか】
名前だけでは判断できないと思いますので、レビュー欄・ネット・利用規約などの権限の内容確認も活用しましょう。

【OS公認のストアで公開されているかどうか】
OS公認のストアに掲載されているアプリは、審査を通過している比較的安全性の高いものです。100%とはいきませんが、個人のホームページに比べて、危険性は格段に低いと言えます。

【怪しいと思ったらインストールしない】
何かおかしいと思ったら、必要のない個人情報の使用許可を求められたら。「とりあえず」とタップするのではなく、そこでインストールしないという決断をする意思を持ちましょう。

ただし、どれだけ高性能な総合セキュリティソフトをインストールしても、結局は使う人次第。リンクのクリック、アプリのダウンロードなど、どんなことでも判断に迷うことがあったら、勢いで進んでしまう前に立ち止まり、危険かどうかを考えるクセをつけましょう。
トラブルに遭う人は、深く考えないで進んでしまいます。そこで一拍置いて考えられるようになれば、それだけでも立派なセキュリティ対策になります。

マルウェア感染や個人情報の漏えい、迷惑メール……。これまでに紹介してきた被害例やリスクだけを並べてみると、人によっては「スマートフォン・タブレット端末を使うのが怖い……」と思うかもしれません。

ですが、これはあくまでキケンな情報だけを拾い集めたときの話。当然、スマートフォン・タブレット端末には、これまでの携帯電話にはない便利な機能や新しい可能性がたくさんあります。

重要なのは、その両方をしっかり把握すること。リスク対策を万全にして、安全快適に、スマートフォン・タブレット端末を活用しましょう。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル