J:PLUS
たのしいこと、全力応援

コミュニティでのトラブル

スマホ・タブレット セキュリティ
ユーザが追加した画像

ネチケットを守りましょう

インターネット上のエチケットを俗に「ネチケット」と呼びます。一般社会においても、モラルやマナーに反するような言動や振る舞いが他人に迷惑をかけるのと同じように、インターネットにおいてもモラルやマナーに反することは他人に迷惑をかけることを十分理解し、無用のトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

また、インターネットの掲示板やブログのコメント欄では、顔が見えないことをよいことに、いたずら目的の書き込みや利用者に対して「煽る」といって挑発を繰り返す人もいます。
そうした行為は「荒らし」と呼ばれており、最善の対策は相手にしないことだといわれています。

個人ブログのコメント欄などの迷惑な書き込み、荒らしに対しては、こまめに黙って削除し、基本的には反応しないようにしてください。荒らす人は、相手がムキになって反応することを面白がっているので、無視されると来なくなります。

荒らし行為が続くようであればログ(書込み者のIPアドレス、書込みされた正確な時刻)の情報、書込み内容をもとに相手が利用しているプロバイダに相談するといった対応を取ります。
ただし、情報が不足している場合は対応してもらえない場合がありますので、ログはきちんと残しておきましょう。

また、荒らしではなくても、掲示板やコメント欄で議論が加熱して、激しいやりとりになることがあります。こうした場合でも、落ち着いて冷静に反応することを心がけてください。

もし、掲示板やコメント欄への書き込みによって、個人情報が暴露された場合、該当掲示板やブログ、Webサイトの管理者に対して、問題の書き込みを削除してくれるように依頼する。管理者やプロバイダに依頼しても削除されない場合は、法務局、地方法務局へ相談して、対応方法を検討しましょう。
インターネット人権相談受付窓口

もし、書き込みの内容が、名誉毀損や脅迫、業務妨害などの犯罪に該当するような場合や殺人予告などが行われた場合は、迷わずお住まいの地域を管轄する警察署へ相談してください。

SNSは使い方が重要

ユーザが追加した画像
mixiやFacebook、Twitterなど、最近流行のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用して、新しい友達を作ったり、旧交を温めたりと楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし、「友達」との交流がメインになっているSNSでは、ついつい友達だから、知り合いだからと“油断”して、不注意な書き込みをしてしまいがちです。
また、自分では気を付けていても、プライベートな内容などが攻撃され、批判が殺到する「炎上」に発展してしまうこともあります。

SNSもインターネットサービスである以上、「誰が見るかわからない」ものとして、掲載する内容には充分な注意が必要です。以下、注意すべき4つのポイントを挙げますので、しっかり覚えてください。

個人情報や顔写真は特に注意して掲載する
SNSが世界中に公開されていると思わず、「友達」だけが見ているつもりで、プロフィールに顔写真を掲載したら、知らない間にその写真がアダルトサイトで使われていたり、ストーカーの被害に遭ったりする可能性があります。
特に公開設定を「全体に公開」・「友達の友達まで公開」などにしている場合には、第三者に悪用される可能性があることを認識した上で、登録するようにしましょう。

「位置情報」にも気をつける
ケータイ、スマートフォンなどのGPS機能と連動して、記事を投稿した場所や、写真を撮った場所などを公開する機能がSNSにはあります。無防備に自分の居る場所を投稿することで、ストーカーや空き巣などの被害に遭う可能性があることも知っておきましょう。

公序良俗に反することを掲載しない
本当か嘘かに関わらず、面白半分に「飲酒運転をした」「カンニングをした」「万引きした」など、公序良俗に反することを書き込んだために「炎上」し、退学や停学処分を受けたり、内定が取り消されたりといった例は数え切れません。
また、羽目を外したときの写真や、行き過ぎた冗談が、大勢の人を不快にしたり、傷つけたりすることもあります。自分や友達の間では“冗談”で通じても、一般社会では通用しない場合がほとんどです。
掲載内容については自身に責任があることを認識し、1ヵ月後、半年後に見直しても後悔しない内容か、充分に考えてから掲載しましょう。

友達との楽しい出来事を掲載する時も気をつける
友達の実名を出しての記事や、集合写真などの友達と撮った写真の場合、自分は良くても友達は公開して欲しくないと思っているかもしれません。
友達との楽しい思い出を自分勝手に掲載して後悔する前に、公開してもいいか友達に確認しましょう。

炎上騒ぎは自業自得

前述したように、mixiやFacebook、Twitterなどに、公序良俗やモラルに反することをうかつに掲載すると、非難・誹謗中傷のコメントが集中したり、別の掲示板などへ投稿されたりして、多くの人の目に触れます。
こうして情報が拡散、拡大していき、結果「炎上」となります。

炎上すると、掲載している記事の内容や写真、プロフィールから、本名、住んでいる地域、通っている学校・職場などが特定されたり、特定された個人情報をネット上にさらされたりします。
さらにエスカレートすると学校や職場に直接連絡されるケースも発生しています。
また、こうしてさらされた情報は、インターネット上に永久に残ります。本名がさらされた場合、将来の就職や結婚に支障をきたす可能性もありますので、くれぐれも注意してください。

SNSは世界中のユーザーとつながっており、公開設定にもよりますが、どこの誰に読まれているかわかりません。
自分の友達に読まれることしか意識せず、軽い気持ちで書いた一言が不適切だったり、不謹慎だったことが、様々なユーザーに見られたり、シェアされたりして、引き金になることがありますので注意してください。
一般的なモラルやマナーを守ることはもちろん、SNSでは記事の公開範囲を設定することができますが、「友達の友達」に公開する設定=「見ず知らずの他人」に公開しているのと同じ、という意識をもって、掲載前に記事の内容を見直しましょう。

SNSを利用した詐欺に注意!

ユーザが追加した画像
友達からのメッセージだから、同じ趣味で繋がった人からのメッセージだから、と信頼して、そのメッセージ内に記載されているURLをクリックすると、偽のログインサイトに誘導され、入力したアカウントとパスワードを盗まれたり、アダルトサイトの請求画面が出てきて消えなくなったり…という事例が確認されています。
また、メッセージや記事が時系列に表示されることを悪用し、詐欺サイトへのURLを付けたメッセージを大量に投稿する手法もあります。

こうしたSNSを利用した詐欺に引っかからないよう、以下の注意点を守ってください。

URLを確認する
友達や知り合いからのメッセージだからと油断せず、アクセス先のURLが本物かどうか、充分に注意する必要があります。必要に応じて、企業やメーカーなどの公式Webサイトで情報を確認するなどしましょう。

パスワードやユーザーアカウントは使い回さない
覚えておくのが大変だからと、パスワードやユーザーアカウントを、インターネットバンク、メール、SNSなど全て一緒にしておくと、偽SNSサイトで入力してしまったパスワードで、金銭的な被害に遭う事があります。
パスワードは必ず別のものにしておきましょう。

総合セキュリティソフトを導入する
総合セキュリティソフトには、フィッシング詐欺や、ワンクリック詐欺の防止機能を備えているものがあります。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル