J:PLUS
たのしいこと、全力応援

スマホによる災害時の連絡手段について

ライフスタイル IT・デジタル スマホ・タブレット
J:PLUS
熊本地震におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々、そのご家族に心よりお見舞い申し上げます。

今回は、大規模な災害時に重要となる「スマホによる災害時の連絡手段」について、解説していきます。

家族や友人の安否確認や被災者同士の連絡方法、避難所や給水所の情報など、携帯電話がつながりにくい状況でも連絡を取り合い、情報収集を行う方法をお伝えします。

災害はいつ発生するかわかりません。いざというときに備えて、災害時の情報伝達手段について学んでおきましょう。


●被災地への電話は厳禁!!

大きな災害が起きたとき、真っ先に気になるのは、家族や親戚、友人、知人の安否です。しかし、被災地へ電話をかけることは絶対にやめてください。固定電話でも携帯電話でも、ひとつの地域に電話が集中すると「輻輳(ふくそう)」という状態になり、電話がつながりにくくなってしまいます。

すると被災地の電話もかかりにくくなり、必死に助けを求める電話、緊急性のある電話がつながらなくなり、救助活動や避難の妨げになります。家族や友人の安否を確認したい気持ちはわかりますが、「私ひとりくらいかけても大丈夫」という考えが、命にかかわる大きな迷惑になるのです。

また、携帯メールを送るのも考えものです。携帯メールも大量の送信によって、システムに障害が発生してしまいます。新年の「あけおめメール」で、回線がパンクしてしまうことを思い出してください。被災者同士の連絡や自治体からの連絡などを、妨害してしまうことになるので、被災地外から携帯メールを送信するのはやめましょう。

とはいえ、やはり安否は気になるものです。そこで、活用するのがインターネットです。スマホであれば、「LINE」「Skype」「Viber」などの無料通話アプリを利用するとよいでしょう。東日本大震災の際も、これらのアプリは比較的連絡がつきやすかったそうです。

ただし、これらのアプリはネット回線を利用しているものですので、つながらないので何度もかけ直したり、長話をしたりするのは避けてください。被災者同士の連絡やSOSなどを妨害してしまう可能性があります。

そして、特に注意したいのが、固定電話や携帯電話と通話できる「LINE Out」「Skype Out」「Viber Out」などの無料通話アプリです。これらは、途中まではネット回線ですが、最後は電話回線や携帯電話網を利用するため、回線を混雑させる原因になります。ですので、こうしたサービスの利用も控えてください。

いち早く安否を確認したい気持ちはわかりますが、本当に被災地のことを考えるのであれば、被災地外から連絡するのは状況が落ち着いてからにしましょう。


●被災地でのスマホの活用法

J:PLUS
被災地では、電話やインターネットの回線網の破壊、停電などが原因で電話やパソコンが使えない状況が考えられます。そうした状況で役に立つのがスマホです。

まず、電話が使えない状況で、家族や友人と連絡を取り合いたい場合、過去の大規模災害時も比較的つながりやすかった「LINE」「Skype」「Viber」などの無料通話アプリを活用しましょう。携帯各社の基地局が無事で、データ通信網が生きていれば、連絡を取り合うことができます。

また、災害時の「Twitter」は、連絡や情報収集の手段としてかなりの実績があります。電話やメールは使えなかったが、Twitterは使えたという話を聞いたことがあるでしょう。Twitterを利用すれば、「自身の無事を報告する」「家族や友人の無事を確認する」「避難所などの情報を入手する」といったことができます。家族同士でTwitterをフォローし合えば、
安否確認や連絡手段としても使えます。

日常のツイートを家族に見られるのは、ちょっと嫌だ…という場合は、緊急連絡用のアカウントを取得してフォローしてもらいましょう。また、ひとつのアカウントを家族全員で共有する方法もあります。

「設定」の「ユーザー情報タブ」で「ツイートプライバシー」の「ツイートを非公開にする」にチェックを入れておけば、家族しかツイートを読むことができません。これでプライベートな話も安心してすることができます。

似たような方法として、LINEで家族のグループをつくっておくのもよいでしょう。どんな方法にせよ、緊急時の連絡方法について、あらかじめ家族で話し合って決めておくことが大切です。

また、Twitterは被災地外からの支援にも活用できます。避難所などの情報をリツイートで拡散することで、被災地の人たちに有益な情報を伝えることができます。

ただし、デマや偽情報の拡散に協力しないよう注意してください! 熊本地震の際も、「ライオンが逃げた」「火災が発生した」「井戸に毒が投げ込まれた」といった悪質なデマが拡散しました。リツイートする際は、こうしたデマを拡散しないように十分注意してください。


●自身の無事を伝えるには?

災害時は家族や友人の安否が気になるものですが、あなたの家族や友人も同様にあなたの安否を気にしています。そこで、余計な心配をかけないよう、「Twitter」や「Facebook」といったブログやSNSなどに、自身の無事を書き込みましょう。

とはいえ、誰もがブログやSNSを確認できるわけではありません。また、ガラケーのため
TwitterやLINEが使えない人もいます。そこで、各携帯電話会社が提供する「災害用伝言板サービス」も利用しましょう。

これは、電話番号で安否確認ができる伝言板サービスで、自身の状況を登録しておけば、ネットを通じて誰でも確認できるようになります。いざというときに、利用方法がわからない…といったことがないよう、一度、設定方法を確認しておきましょう。

また固定電話でも、電話番号でメッセージのやり取りができる「災害用伝言ダイヤルサービス」が提供されていますので、活用してください。

◆関連リンク
災害時の安否確認と備え(NTTdocomo)
災害用伝言板サービス(au)
災害用伝言板/災害用音声お届けサービス(ソフトバンク)
災害用伝言ダイヤル(NTT東日本)
災害用伝言ダイヤル(NTT西日本)

いかがでしたか?

災害はいつ起こるかわかりません。これを機会に家族で話し合って、緊急時の連絡方法について決めておくことをおすすめします。

備えあれば憂いなし! いざというときに慌てないよう、しっかり備えておきましょう。

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル