J:PLUS
たのしいこと、全力応援

最低限これだけは知っておこう!セキュリティチェック LINE編

スマホ・タブレット セキュリティ 2016.11.09

J:PLUS

トーク(チャット)や通話が無料で利用できる「LINE」。友だちや家族との連絡は、「すべてLINE」という人が多いのではないでしょうか? そんな大人気のLINEですが、安全に利用する上で最低限知っておくべきポイントがあります。そこで、10個の質問に答えるだけでセキュリティ状況がわかる「セキュリティチェック」を用意しました。それほど時間はかかりませんので、是非やってみてください!

 

まずは、LINEの設定をチェック!

J:PLUS

昨年、世間を騒がせたアカウント乗っ取りによるプリペイドカード詐欺や人気タレントのLINE流出による大騒動など、LINEユーザーを狙った犯罪や個人情報の流出が起きています。ですが、これらはすべてLINEの設定をきちんとしていれば防げたものです。

LINEで犯罪に巻き込まれないために、また不正利用されないために、まずは下記のセキュリティチェックで、自分のセキュリティ状況を把握してください。

【セキュリティチェック】

以下の10個の質問に「はい」「いいえ」「わからない」で答え、それぞれの数をカウントしてください。

  1. 1.「パスコード」を設定している。
  2. 2.「ログイン許可」をオフにしている。
  3. 3.「友だち追加」をオフにしている。
  4. 4.「友だちへの追加を許可」をオフにしている。
  5. 5.「メッセージ受信拒否」をオンにしている。
  6. 6.「IDによる友だち追加を許可」をオフにしている。
  7. 7.「メッセージ通知の内容表示」をオフにしている。
  8. 8.タイムラインの「公開範囲」を設定している。
  9. 9.「Letter Sealing」をオンにしている。
  10. 10.「QRコードの更新」を最近行った。

 

アナタのセキュリティレベルは?

ユーザが追加した画像いかがでしたか?

これらはすべてLINEのセキュリティを高め、安全に使うために必要な設定です。チェックが終わったら、「はい」の数でアナタのLINEのセキュリティを判定しましょう。

 

「はい」の数が…

  • 10個…セキュリティは完璧です。
  • 7~9個…ほぼ安全ですが問題のある設定があります。
  • 4~6個…セキュリティに大きな問題があります。
  • 0~3個…非常に危険です。

「はい」の数が6個以下の人は、セキュリティ設定に大きな問題があります。「いいえ」や「わからない」と答えた設定を、今すぐ見直しましょう。

また、「わからない」が多い人は、セキュリティ意識に問題があります。自分の使っているアプリが「どういう設定になっているかがわからない」というのは、問題だと認識してください。

それぞれの問題点と設定方法を知ろう!

J:PLUS

質問1の「パスコード」、質問2の「他端末ログイン許可」は、アカウントの乗っ取りや情報流出を防ぐための設定です。「パスコード」を設定すれば、LINEを起動時にパスワードが必要になるため、勝手に使われるリスクが大幅に減ります。

■「パスコード」の設定方法→その他>設定>プライバシー管理>パスコードロック

また、「ログイン許可」をオフにすることで、パソコン版やiPad版のLINE、ブラウザ版のLINEストアなどからログインできなくなります。留守中に自宅のパソコンからログインされるといったことを防止できるので「オフ」にしておき、必要に応じて「オン」にしましょう。

■「ログイン許可」の設定方法→その他>設定>アカウント>ログイン許可

質問3の「友だち追加」、質問4の「友だちへの追加を許可」は、自動で「友だち」に追加したり、されたりすることを防ぐための設定です。「友だち追加」を「オン」にすると、自分の電話帳(アドレス帳、連絡先)にある電話番号で検索し、LINEユーザーを「友だち」に追加します。LINEでつながりたくない人とも「友だち」になってしまうほか、古い電話番号が残っていると、知らない人と「友だち」になってしまう可能性があります。

■「友だち追加」の設定方法→その他>設定>友だち>「友だち追加」

また、「友だちへの追加を許可」をオンにしていると、電話帳にアナタの電話番号が入っているユーザーの「友だち」に自動で追加されてしまいます。スパム業者などが適当に登録した電話番号と偶然一致すると「友だち」に追加されてしまうので、「オフ」にしておきましょう。

■「友だちへの追加を許可」の設定方法→その他>設定>友だち>「友だちへの追加を許可」

質問5の「メッセージ受信拒否」は、「友だち」ではない人からのメッセージを拒否する設定です。スパムメッセージなどが届く原因になるので、特に理由がない限りは「オン」にしておきましょう。

■「メッセージ受信拒否」の設定方法→その他>設定>プライバシー管理>「メッセージ受信拒否」

質問6の「IDによる友だち追加を許可」は、「LINE ID」で自分が検索されることを許可する設定です。「LINE ID」を教えるだけで「友だち」にかんたんに登録してもらえる反面、知らないユーザーから「友だち」に登録されてしまうリスクがあります。そのため、基本的に「オフ」にしておき、必要に応じて「オン」にしましょう。

■「IDによる友だち追加を許可」の設定方法→その他>設定>プライバシー管理>「IDによる友だち追加を許可」

質問7の「メッセージ通知の内容表示」は、ロック画面にメッセージの内容の一部を表示する設定です。すぐにメッセージを確認できて便利ですが、ロック画面を見られるとメッセージの内容が知られてしまいます。「見られて困ることは何もない」という人以外は、「オフ」にしておきましょう。

■「メッセージ通知の内容表示」→その他>設定>通知設定>「メッセージ通知の内容表示」

※パスコードを設定すると自動で「オフ」になります。

質問8のタイムラインの「公開範囲」は、自分のタイムラインを公開する「友だち」を選択できる機能です。こちらは設定しなくてもさほど問題はありませんが、なんかしらの理由でタイムラインを見せたくない「友だち」ができた場合に使える機能ですので、覚えておいてください。

■「公開範囲」の設定方法→その他>設定>タイムライン>公開範囲設定→個別に公開範囲を設定して保存

質問9の「Letter Sealing(レターシーリング)」は、トークの内容を暗号化する新しいセキュリティ機能です。万が一LINEのサーバーが攻撃されても、トーク内容の流出を防ぐことができます。

■「Letter Sealing」の設定方法→その他>設定>トーク・通話>「Letter Sealing」

質問10の「QRコードを更新」は、「友だち」追加用のQRコードを更新します。更新すると古いQRコードは使えなくなるので、定期的に更新することをオススメします。

■「QRコードを更新」の設定方法→その他>設定>プライバシー管理>「QRコードを更新」

以上10個の設定を行えば、LINEのセキュリティは万全です!

「LINE」の最新セキュリティ情報は、「LINE 公式ブログで確認してください。新機能の紹介やお得な情報もアップされるので、週に1度くらいはチェックしておきましょう。

この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル