J:PLUS
たのしいこと、全力応援

[Android] メディア関連の機能を大幅に強化!

IT・デジタル スマホ・タブレット
J:PLUS
昨年11月に登場した、GoogleのOS『Android』の最新バージョン『Android 5.0 Lollipop』。今月は、この最新OSを大特集!

2回目の今回は、カメラや音楽再生といった、メディア機能について紹介していきます!

カメラ&動画機能がさらに高性能に

『Android 5.0 Lollipop』では、フォーカスやシャッタースピード、ISOをマニュアルで変更することができるようになっています。さらに、RAW撮影にも対応! RAWとは圧縮や加工がされる前の生のデータのことで、一眼タイプのデジカメなどで使われている、高画質なデータ保存形式です。

ただし、デフォルトのカメラアプリでは、これらの機能を利用することはできません。「Camera FV-5」や「Manual Camera」といった、有料のカメラアプリが必要です(2015年2月現在)。

また、動画もH.265による映像配信や4Kビデオの再生が可能になっています。

USBオーディオ出力に対応

今までは、一部のアプリや端末でしか対応していなかった、「USBオーディオ」に対応! これにより、今人気の「USB-DAC」搭載の「ポータブルヘッドフォンアンプ」といった、外部USBオーディオインターフェースへ、オーディオ出力ができるようになりました。

「USB-DAC」とは、USBで接続した機器から送られてきたデジタル信号を、アナログ信号に変換しヘッドフォンやスピーカーに出力するものです。話題のハイレゾ音源に対応したものもあり、圧倒的な高音質で音楽を聞くことができます!

さらに、音の遅延が少ない、「低レイテンシモード」を搭載したほか、5.1ch、7.1chを含む8つのサラウンドチャンネルを2チャンネルのサラウンドにまとめる、「マルチチャンネルオーディオ機能」も搭載されました!

いかがでしたか?

『Android 5.0 Lollipop』の特集はここまで! 写真を撮ったり、音楽を聞いたりする人には、嬉しい改良点ではないでしょうか? 早く使ってみたいですね!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル