J:PLUS
たのしいこと、全力応援

4GとLTEの違い

IT・デジタル
J:PLUS
CMなどで「4G」や「LTE」という言葉を、耳にすることが増えました。

ですが、そもそも「4G」や「LTE」って一体なに? どんな違いがあるの? という方が多いと思います。

そこで今回は、知っているようで知らない、今さら聞けない「4GとLTEの違い」について、詳しく探っていきます。

「4G」や「LTE」とはモバイル通信規格のこと

モバイル通信規格とは、簡単にいうと通信の速さのことです。現在は「4G」が主流ですが、それ以前に「3G」という規格もあり、数字が大きくなるほどスピードが速くなります。

これまでの歴史を振り返ると、「1G」から「4G」まで通信規格が変化しており、現在の高速通信の技術へと進化してきました。

「4G」や「LTE」の言葉の意味って?

また、「G」とは「Generation(世代)」の頭文字で、モバイル通信の世代を意味しています。つまり、「4G」は第4世代ということになります。

それでは、数字も「G」も入っていない「LTE」とはなんでしょうか? 「LTE」とは「Long Term Evolution」(長期的進化)の頭文字を取った略称です。「LTE」は「3G」が「4G」に発展するまでのつなぎとなる通信規格だったもので、以前は「3.9G」と呼ばれていたものです。

「4G」や「LTE」って何が違うの?

「LTE」は「3.9G」と呼ばれていて、「4G」への橋渡し的な規格だったのであれば、「LTE」よりも「4G」の方がスピードが速いと思うかもしれません。

しかしややこしいのですが、実はそうではありません。世界的に「LTE」を「4G」と呼ぶことが認められ、多くの通信事業者が「LTE」=「4G」と捉えています。

そのため、現在では仮の4Gである「LTE」が「4G」と呼ばれています。今後はまた捉え方も変わってくる可能性もありますが、現状は同じものと考えておいてよいでしょう。実際、国内の通信事業社(キャリア)でも呼び方は様々で、「4G LTE」とも呼ばれています。

いかがでしたか?

4GとLTEについて、ご理解いただけましたか? 実は違いがなかったというのは、ちょっと驚きですね。

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル