J:PLUS
たのしいこと、全力応援

スマホやタブレットで電子書籍を楽しもう

ライフスタイル IT・デジタル スマホ・タブレット
J:PLUS
文庫本や雑誌をカバンに入れて持ち歩くのは、かさばって重いのでちょっと…自宅に本棚を置くスペースがなくて置き場所に困る…そんな人たちにオススメなのが、年々認知度があがってきている「電子書籍」です!

聞いたことはあるけどよくわからない、興味はあるけど始め方がわからない、そんな方々のために、今回は「電子書籍」の基本から使いこなし術までを詳しく解説していきます!

デジタル機器で読む本

電子書籍とは、スマホやタブレット、パソコンの画面で読むことができる本や雑誌のこと。新刊本からベストセラー、雑誌、マンガ、実用書まで、電子書籍ストアからダウンロードやストリーミングすることで楽しめます。

メリットはいろいろありますが、まず、読みたい本を読みたいときにすぐに手に入れられることがあげられます。たとえば、通勤通学途中に中吊り広告で興味を持った本や雑誌を、電車に乗ったまま手に入れることができます。

また、デジタルデータですので、保管する場所が必要なく、カバンに入れて持ち歩く必要もありません。重さもありませんので、読みたい本を何冊でも同時に持ち歩くことができます。

そのほかにも、雑誌のバックナンバーをかんたんに探せたり、人気で品薄の雑誌や本がカンタンに手に入ったり、電子書籍のみのオリジナル作品が読めたり、といったメリットもあります。

そして、文字の大きさを自由に変えたり、意味のわからない単語を調べたりといった読書が便利で快適になる機能が使えます。大きめの雑誌を小さなスマホの画面で読むときも安心ですね。

さらに、電子書籍ストアでは、キーワードで検索して本を探すことができます。書店で読みたい本を探すのは、それはそれで楽しいものですが、検索ですぐに見つかるのはやはり便利です。そして、目当ての本が見つかったら、ネットで決済してすぐに読むことができるようになります。

以上が読む側のメリットですが、作る側にもメリットがあります。それは、印刷する費用や紙やインク代、輸送費用が必要ないということです。出版社はこうしたコストを勘案して印刷する部数を決め、必要に応じて増刷していましたが、電子書籍なら一度デジタルデータにすればよいため、追加で印刷する必要がなくなったのです。

このように読む側にも作る側にも様々なメリットがあるため、電子書籍市場は年々拡大しています。

電子書籍を楽しむには?

J:PLUS
電子書籍を楽しむには、まず電子書籍ストアを選びましょう。電子書籍ストアには、様々なジャンルを満遍なく揃えているストア、特定のジャンルに特化したストア、マンガの品揃えが豊富なストア、絶版本に強いストアなど個性があり、扱っている数も違います。

ですので、自分が読みたいジャンルの本が充実しているかを基準に、電子書籍ストアを選ぶことが重要です。複数の電子書籍ストアを使うこともできますが、同じストアを使い続ける可能性が高く、ポイントが貯まるサービスなどもあるので、最初にじっくり考えましょう。

また、電子書籍を楽しむには、「リーダー」という電子書籍を読むためのアプリが必要です。これは、電子書籍ストアが無料で配布しています。電子書籍ストアによっては、「ビューワー」と呼んでいる場合もありますが、呼び方が違うだけで基本的に機能は同じものです。

リーダー(ビューワー)は各電子書籍ストアで違うので、使いたい機器に対応しているか、使いやすいかといったことも電子書籍ストア選びのポイントになります。特に電子書籍を読むために使う機器に、対応しているかはとても重要です。

現在、どの電子書籍リーダーもAndroidスマホやタブレット、iPhoneやiPadには対応しているのが普通ですが、パソコン、特にMACに対応していない場合があるので、MACユーザーの方は特に注意してください。

また、「Amazon Kindle」や「楽天kobo」のように電子書籍専用端末を販売しているところもありますが、専用端末を使わなくても、Android、iOS向けのアプリがあるので利用することができます。

そして、お得なサービスがあるかもチェックしておきましょう。電子書籍ストアでは、
会員向けの割引クーポンやセールを開催しています。会員向けに500円オフ、30%オフ、半額セール、ポイント還元率大幅アップなどお得に買えるチャンスがあるのです。

サービス内容はストアによって違うので、太っ腹な割引があるということもひとつのポイントとなります。口コミや評判でチェックしてみてください。読みたい本をチェックしておき、大きな割引を受けられるときにまとめ買いすれば、かなりお得ですよ。

電子書籍ストアの特徴は?

現在、たくさんの電子書籍ストアがあるため、どれを選んだらよいか検討もつかないという方のために、人気のストアをカンタンに紹介していきます。

■「Book Live!」
印刷大手の「凸版印刷グループ」が運営する「Book Live!」。20万冊を超える豊富な品揃えが魅力で、人気のあるストアです。人気マンガのフルカラー版があるので、マンガ好きな方にはおすすめです!

会員向けの割引サービスと激安コーナーのお得感が強いところも人気の理由です。専用端末「Book Live! Reader? Lideo(リディオ)のほか、Android、iOS、Windowsには専用のアプリがありますが、Macはブラウザでの利用になるので、Macユーザーの方は注意してください。

また、飲食店などで使えるTポイントが利用可能で、購入するとTポイントが貯まります。

■honto
「大日本印刷・丸善・NTTドコモ」タッグが運営する国内最大級のストアです。電子書籍だけでなく書籍の通信販売も行っているのが特徴です。また、独自のポイントサービスがあり、丸善やジュンク堂、文教堂の実店舗で使えるのが大きな特徴となっています。

Android、iOS、Windowsには専用のアプリがありますが、Macには非対応なので注意してください。

■「Amazon Kindle」
通販大手のAmazonが運営しているサービスで、同名の電子ブックリーダー端末も販売しています。Android、iOSの両方に対応しており、Windows、Macでも使えるので対応機器の問題はありません。

洋書や専門書が充実しているほか、自費出版の作品もあるのが特徴です。また、日替わりの特価本、無料本があってお得に使えます。

■「楽天kobo」
通販大手「楽天」の運営するサービスで、同名の端末も販売しています。

楽天ポイント還元や割引クーポンが多いので、お得に使えるのが最大の特徴です。普段、楽天のサービスを利用している方は、おなじみの画面で使いやすく、楽天ポイントが共有できるのがメリットです。

品揃えはバランスよく、あらゆるジャンルの作品が揃っています。

Android、iOSにはもちろん対応。WindowsやMacでも使えますが、文字の大きさは変えられるものの、マンガなどが拡大できないのが残念なところです。

いかがでしたか?

電子書籍ストアはほかにもいろいろあるので、自分にあったサービスを探してぜひ読書を楽しんでください!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル