J:PLUS
たのしいこと、全力応援

スマホで年賀状をつくろう

ライフスタイル スマホ・タブレット
J:PLUS
早いもので今年ももう12月、何かと忙しくなる年末がやってきました。忙しさに追われて、ついつい忘れがちなのが年賀状ではないでしょうか?

メールやメッセージアプリで代用することも出来ますが、年始の挨拶はやはり年賀状でという人も多いでしょう。

そこ今回は、ギリギリになって慌てないように、スマホで作る年賀状について詳しく解説していきます!

面倒な年賀状をスマホでカンタンに!

年賀状をきちんと作ろうとすると、挨拶の文章を考え…干支のイラストを探し…写真を入れ…レイアウトを考え…宛名も印刷して…と、けっこうな時間がかかってしまいます。

そして、自宅のプリンターで印刷すると、ハガキが詰まったり、印刷がずれたり、インクがなくなったりと、悪戦苦闘した経験があるのではないでしょうか?

そのため、なかなか重い腰があがらず、ギリギリになって慌てることに…。だからといって、市販の印刷済みの年賀状は、手抜きみたいに思われる気がするので使いたくない…

そんな欲張りな人にオススメしたいのが、スマホを使って年賀状が作れるアプリとサービスです。

年賀状アプリを使えば、たくさんのテンプレートから気に入ったものを選び、写真を入れるだけでイメージ通りの年賀状が作れます。しかも、スマホで撮った写真をそのまま使えるので、パソコンに転送する手間がかかりません。

そして、そのままアプリから印刷を発注できるのもポイント! 家庭用のプリンターとは一味違う高画質プリントの年賀状を作ることができます。

写真画質の年賀状を手軽に!

スマホの年賀状作成アプリは、たくさんあるので、人気のアプリを中心に紹介していきます。

まず、富士フイルムの「フジカラーの写真年賀状2016」は、500種類近いデザインから選んで、スマホに保存してある写真をハメ込めば、年賀状が完成します。

年賀状のデザインは、テーマやカテゴリーごとにわかれていて、イメージ通りのものを探すのもカンタンです。スタンプを押したりコメントを追加したりと、装飾も自由自在。カンタンにオリジナル年賀状が作れます。

そして、写真に適した高精細で高画質なプリントで、色合いをしっかり再現する「超高画質フジカラー写真印画紙仕上げ」は、長年写真プリントに関わってきた同社ならではの特徴といえるでしょう。

また、お年玉付き年賀状を用意してくれるので、自分で買う手間もありません。受け取りは自宅のほか、全国のフジカラーのお店やコンビニ(セブン-イレブン)を選択できます。料金などの詳細は、下記公式サイトで確認してください。

◆フジカラーの写真年賀状2016

作成から配送まで便利でカンタン

CONNECTIT(コネクティット)の「スマホで年賀状2016」は、昨年、評判になった人気アプリの2016年版です。このアプリは「ネットで年賀状」のアプリ版で、日本郵便と連携し、作成から、印刷、配送まで、年賀状のすべてがカンタンにできるようになっています。

テーマごとに500種類以上のデザインがあり、オシャレなものからコミカルなもの、仕事用のきちんとしたものまで、用途に合わせて選択できます。スタンプやコメントの追加はもちろん、用意されたデザインでは物足りないという人向けに「手書きスキャン」機能を提供。自筆の書や自作イラストを、カンタンに年賀状に載せることができます。

そして、年賀状で一番面倒な宛名書きがカンタンになる「宛名スキャン」を搭載! 昨年届いた年賀状をスマホでスキャンすることで、宛名情報をデータ化してくれます。スキャンした宛先をデータ化するのはオペレーターなので、自動認識でありがちな誤字脱字がほとんどありません。

しかも、この超便利な機能が、なんと何枚でも無料で使えます。これは、忙しい人には本当に嬉しいサービスではないでしょうか?

また、15時までに注文すると翌日に出荷というのもポイント。最短で注文の翌々日には届くので、後回しにしてギリギリになってしまっても安心です。さらに、無料の投函代行サービスがあるので、12月23日までに注文すれば元旦に届くように投函してくれます。

スマホで年賀状を作るのは完成度が心配…そんな人にも、このアプリはオススメです。普通紙と写真用紙で無料サンプルを1枚ずつ受け取ることができ、仕上がり具合を確認できるので安心です。

料金などの詳細は下記公式サイトで確認してください。

◆スマホで年賀状2016

いかがでしたか?

スマホで作成できる年賀状は、ここで紹介したもの以外にもたくさんあります。「スマホ 年賀状」で検索して、自分のイメージに合う年賀状が作れるサービスを探してみてください!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル