J:PLUS
たのしいこと、全力応援

話題のフリマアプリとは?

趣味・レジャー ライフスタイル IT・デジタル
J:PLUS
様々なアプリが登場しては消えていくなか、着実にユーザーを増やしているのが、「フリマアプリ」です。フリマアプリのフリマとは「フリーマーケット」のこと。不要になったものをスマホで撮影して出品すると、欲しい人が買ってくれるというネット上のフリーマーケットです。

フリマアプリが登場したのは2012年のこと。スマホだけで出品や購入ができる手軽さが受け、2015年に大きな成長を遂げました。2016年も要チェックのフリマアプリですが、知らなかった人や興味はあったけど使ったことがない人がいると思います。

そこで今回は、そんな人たちのために「フリマアプリ」について、詳しく解説していきます!

手軽に売れるのが魅力!

ネットで不要品を売買するといえば、ネットオークションが思い浮かぶ人が多いと思います。個人間の売買であること、ネットを使うことなど、共通点はたくさんあります。「それじゃあフリマアプリとオークションとどこが違うの」と思った方がいると思いますが、主な違いは販売価格の決め方にあります。

オークションは購入希望者が競って、値段が上がっていく仕組みです。そのため、いくらで売れるかは出品してみないとわかりません。すぐに落札が決まる「即決価格」を設定することもできますが、他の出品者から同じ商品が即決価格より安く出品されていると、即決されることはまずありません。だからといって安く出品すると、思ったより高く売れないことも…。

また、オークションで売る場合、オークションにかける期間が必要です。そのため、売れるまでに時間がかかります。さらに、出品の手続きや取引相手との連絡などに時間がかかることもあり、時間と手間が必要になります。

一方、フリマアプリは自分で価格を決めることができます。いくらで売るかを設定できるので、高く売れることもありませんが、安く買われてしまうこともありません。値引き交渉されることもありますが、値引き額を決めるのも自分なので、納得のいかない値段で売れてしまうことはありません。

また、出品もスマホで撮影して、商品の説明文や注意点を入力するだけと、とてもカンタン。出品した商品は、買いたい人がいればすぐに売れるので、オークションのように時間がかかりません。商品が売れた後の手続きも、すべてスマホだけでできるので、時間も手間もかからないのが、大きなメリットです。

商品を高く売るコツは、写真を出来るだけキレイに撮って、説明文はわかりやすく丁寧に書くことです。買う方の気持ちになってみれば、わかりますよね? 当たり前のことですが、傷や汚れなどを隠す、中古を新品と書くなどのウソは絶対にヤメましょう! トラブルの原因になります。

取引が安心!

フリマアプリで出品するメリットはお伝えしたので、今度は購入する側のメリットをお伝えしましょう。

まず、取引が安心という点があげられます。個人間で取引をする場合、特に商品を買う場合は、商品が届かない、説明と違うといったトラブルが不安という方が少なくないでしょう。

そのため、ほとんどのフリマアプリでは、商品代金はいったんフリマアプリの運営会社が預かり、購入者が商品を受け取ったことを連絡すると、出品者に支払われる仕組みとなっています。この仕組みのため、「お金を払ったのに商品が届かない」「説明と違う商品が届いた」といったトラブルに合ってもお金が戻ってきます。さらに、ほとんどのサービスで、会員登録時に電話番号などで本人確認を必須にしているのも安心できるポイントです!

また、欲しい商品があればすぐに買うことができるのもポイントです。オークションのように数日かかることはなく、終了時間前に張り付いて入札をくり返したりする手間もかかりません。

さらに、ほとんどのフリマアプリでは、値引き交渉をすることができます。受けてもらえるかは出品者次第ですが、多少の値引きであれば受けてもらえることが多いようです。もちろん、スマホのアプリなので、購入も価格交渉も、すべてスマホだけでできます。通勤通学途中やお昼休みなど、ちょっと空いた時間に利用することができるのも人気が集まっている理由でしょう。

こんなに便利なフリマアプリですが、基本的に会員登録費用、月額の利用料などはかかりません。費用が発生するのは商品が売れたときで、手数料として10%程度を支払います。ただし、手数料も無料のアプリもありますので、いろいろなアプリをチェックしてみてください!

このアプリが人気!

J:PLUS
フリマアプリにはたくさんの種類があるので、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。そこで、人気のアプリの特徴をカンタンに紹介していきましょう!

◆メルカリ
フリマアプリの代表的存在と言えるのが、ダウンロード数が2000万を突破した「メルカリ」です。ユーザーが圧倒的に多いため、出品されている商品数が多く、目当てのものが見つかりやすいこと。多くの人が見ているので、出品した商品が売れやすいことがメリットです。

ただし、月額利用料不要で出品や購入は無料ですが、商品が売れたときに販売価格の10%の手数料が取られるのが、ちょっと残念なところです。

☆ダウンロード
Android(Google Play) / iPhone(App Store)

◆Fril(フリル)
Fril(フリル)は、ファッションやアクセサリー、コスメや雑貨などがメインのファッションフリマアプリです。

ファッションやアクセサリーがメインだったため、もともとは女性専用のアプリでしたが、今は男性でも利用できるようになっています。ダウンロード数は400万とまずまずの数値で、メルカリに次ぐ人気です。

月額利用料などはかかりませんが、商品が売れたときに10%の販売手数料が必要になるのは「メルカリ」と同じです。

☆ダウンロード
Android(Google Play) / iPhone(App Store)

◆ラクマ
通販大手の「楽天」が運営するフリマアプリが「ラクマ」です。特徴は販売手数料が無料ということ! 他のフリマアプリでは10%取られるので、これは大きな魅力です!!

もちろん、月額利用料なども不要なので、すべて無料で利用できます。また、楽天ポイントが使えるので、普段から楽天のサービスを使っている人はポイントのひとつになるでしょう。

☆ダウンロード
Android(Google Play) / iPhone(App Store)

◆LINEモール
人気のメッセージアプリ「LINE」のフリマアプリが「LINEモール」です。「モール」とつくため、ショッピングモールを連想するのか、通販だと思っている人がいるようですが、フリマアプリです。

特徴は「ラクマ」と同じ様に、出品手数料も購入手数料も無料ということです。人気のあるLINEのサービスなので、今後の成長に期待できます。

※このサービスは2016年5月31日に終了しました。

いかがでしたか?

スマホで写真を撮って気軽に出品できますので、不用品を出品してみてはいかがでしょうか?

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル