J:PLUS
たのしいこと、全力応援

春休みの思い出写真を共有したい!

趣味・レジャー ライフスタイル IT・デジタル
J:PLUS
春休みに友だちと旅行に行ったり、花見を楽しんだりする人は、多いのではないでしょうか? こうしたイベントのとき、スマホのカメラでたくさんの思い出の写真を撮ると思います。でも、こうして撮った写真はどうしていますか? 誰にも見せないまま、スマホやデジカメに入れっぱなしで眠っていませんか?

せっかく撮った写真なのに、これではもったいないですよね。ですが、見せたいけど、たくさんの写真を送るのは面倒だし、プリントするのはちょっと…という人が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、初心者でもわかりやすい「写真の共有方法」について、詳しく解説していきます!

iPhoneはiCloudを使おう

iPhoneで撮った写真や動画を家族や友だちと共有するなら、iCloudを使いましょう。自由に選んだ写真や動画を、見せたい人とだけ共有できます。

iCloudで写真の共有をするには、ホーム画面の「設定」をタップし、「iCloud」→「写真」と進んで、「iCloud 写真共有」をオンにします。設定したら、共有したい写真や動画を選択し、共有したい相手を選ぶだけ。共有アルバムへの招待状は、メールや電話番号に送信しましょう。

共有アルバムには、写真とビデオを合計5000件保存でき、iCloudストレージも消費しないので、気がねなくどんどん共有しちゃいましょう!

相手がAndroidスマホやWindowsパソコンなど、iCloudを使っていない場合は、共有アルバムの設定で、「公開Webサイト」を有効にしておきましょう。これで、AndroidやWindowsでも、ブラウザから写真や動画を見られるようになります。

Androidは「Google フォト」が便利

Andoridのスマホで写真や動画を家族や友だちと共有するなら、「Google フォト アプリ」が便利です。アプリを起動したら、共有したい写真や動画を長押しします。長押しした写真にチェックが入ったら、共有したい写真をどんどんタップして、チェックを入れていきます。

写真を選び終わったら画面上部中央にある「共有」アイコンをタップしましょう。共有は「<」こんな形をしたアイコンです。共有方法を選ぶメニューが表示されるので、共有アルバムに追加しましょう。新しく共有アルバムを作りたい場合は、「新規共有アルバム」をタップします。共有アルバムは自由に増やせるので、友だち向け、家族向けといったように、共有した相手によって使い分けられます。

共有アルバムのリンクは、アプリのメニューを開いて「共有アルバム」をタップします。作成済みの共有アルバムの一覧が表示されるので、共有したいアルバムの右の縦3つの点のアイコンをタップして、「リンクをコピー」をタップします。

クリップボードにリンクがコピーされるので、メールやLINEに貼り付けて、友だちみんなに公開しましょう。

写真共有サービスを使う

J:PLUS
デジカメで撮った写真を共有したい場合は、無料の写真共有サービスを使いましょう。たくさんのサービスがありますが、無料で使えて、使い勝手の評判もよい「with Photo」を紹介します。
※With Photo は2016年9月30日にサービスを終了しました。

With Photoは、キヤノンマーケティングジャパンが運営する写真ストレージサービスです。会員登録するだけで、無料で写真ストレージが使えます。保存容量は10GBと余裕たっぷりなうえ、アップロード時に圧縮などをしないので、画質そのままでたくさんの写真を保存できます。

保存した写真を共有したい場合は、300枚まで保存できるアルバムをいくつでも作ることができるので、友だちや家族と共有のほか、イベントごとに共有アルバムを作れます。

また、有料のサービスですが、保存した写真をプリント、フォトブックの作成もかんたんにできるのもポイントです。

そのほか、世界的に人気のある「Flickr」というサービスもありますが、残念ながら日本語に対応していません。使い方はそれほど難しいものではないので、興味があればこちらもオススメです!

いかがでしたか?

写真の共有はとてもカンタンなので、是非、使ってみてくださいね!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル