J:PLUS
たのしいこと、全力応援

どんな基準で無線ルーターを選べばいいの?

ライフスタイル IT・デジタル
J:PLUS
スマホのパケット代を節約したい、タブレットをリビングで使いたい、といった理由で、無線ルーターを買う方が増えています。しかし、お店やネットショップを見ると、たくさんメーカーからいろいろな製品が発売されており、価格も数千円のものから1万円以上まであります。

そのため、「たくさんあってどれを選べばいいのか…」「商品説明の用語の意味がわからない…」「安いものと高いものはどこが違うの」と困ってしまう方が多いようです。

そこで、今回は、初心者でもわかりやすい「無線ルーターの選び方」について、詳しく解説していきます!

まずは「通信規格」の確認から!

無線ルーターを選ぶ際、最初にチェックするのは「通信規格」です。通信規格は「IEEE 802.11a/b/g/n/ac」か、IEEEが省略され「802.11 a/b/g/n/ac」と表示されています。IEEEというのは、アメリカに本部がある電気工学・電子工学技術の学会の名前で、その学会が定めた規格に付けられるものです。

802.11は無線LAN関連規格の名称で、「/」で区切られたローマ字は、規格の種類を表しています。規格で変わるのは通信速度で、新しい規格の方がより通信速度が早くなっています。規格は後ろに書かれているものほど新しく、最新の「802.11ac」では、理論上の最大通信速度が290Mbps~6.9Gbps以上となっています。

また、基本的に異なる規格間では、通信ができないことに注意してください。たとえば、無線ルーターが802.11acに対応していても、自分の持っているスマホやタブレット、ノートパソコンなどが802.11ac対応でなければ、通信できないのです。

ただし、「802.11n」は「802.11a/b/g」と互換性があるので、「802.11n」と「802.11ac」に対応していれば、現在のところ、すべての規格に対応しています。

現在売られている、ほとんどの無線ルーターが「802.11n」は対応しているので、最新の「802.11ac」に対応したものが必要かどうかが、選ぶ際のポイントとなります。ただし、ひとつ注意したいところがあります。それは対応する周波数帯です。

無線ルーターは、「2.4GHz」と「5GHz」のふたつの周波数帯が使われています。「2.4GHz」は、「802.11 b/g/n」で使われており、電子レンジやBluetoothなどが同じ周波数を利用しています。障害物には強いのですが、電波の干渉を受けやすいため、環境によっては、電波が弱くなり通信が不安定になる可能性があります。

一方の「5GHz」は、「802.11 a/n/ac」で使われており、障害物には弱いのですが、電波の干渉を受けにくく、高速で通信できるのが特徴です。「802.11n」は「2.4GHz」と「5GHz」に対応しており、「802.11n(2.4GHz)」「802.11n(5GHz)」といった形で表示されます。

複雑に感じるかもしれませんが、無線ルーターは、大きく3つのタイプにわけられるので安心してください。

1.「802.11a/b/g/n/ac」対応
すべての規格と周波数帯に対応した、現時点での最高峰の製品です。価格もそれなりにしますが、将来性も含めて考えれば、これが一番のオススメです。

2.「802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)」対応
最新規格の「802.11 ac」に対応していませんが、ふたつの周波数帯に対応しており、価格と性能のバランスが取れています。そんなに通信速度にはこだわらない、予算に限度があるといった場合は、こちらを選択しましょう。

3.「802.11 b/g/n(2.4GHz)」対応
「2.4GHz」の周波数にしか対応しておらず、通信速度と安定性の点で難がありますが、数千円で買える価格の安さが魅力です。とはいえ、今後のことを考えると、オススメできません。

それぞれの規格について知りたい方は、「続:本当に便利な無線LAN」で、詳しく解説していますので、読んでみてください。

「最大通信速度と電波強度

J:PLUS
通信規格を確認したら、次は「最大通信速度」をチェックしましょう。最大通信速度とは、一般的に「理論的には最大でこの速さで通信できます」という意味で使われています。「理論的に」というのがポイントで、実際に使う場合は、表示されている速度の半分~3分の1程度になると考えてください。つまり、より最大通信速度が早いものを選ぶことで、快適に使える可能性が高まります。

ですので、対応する通信規格も同じ、その他の性能も同じような製品で、どちらを選ぶか迷った場合は、最大通信速度の速い方を選ぶとよいでしょう。ただし、基本的に最大通信速度が早いものほど価格も高くなっていくので、速度重視か価格重視かは、よく考えてください!

ポイントとしては、高画質の動画をスマホやタブレットで視聴するといったような、データ量の多いコンテンツを楽しむ場合は、最大通信速度が早いものを選ぶべきでしょう。

次にチェックするのが「電波強度」です。電波強度が強ければ強いほど、遠くまで電波が届くので、無線ルーターと距離があっても安定して通信ができるようになります。電波強度には「ノーマル」と「ハイパワー」の2種類があります。

ノーマルは、電波の強さは普通ですが、一般的な木造の戸建て住宅で使うなら十分な電波の強さがあります。「ハイパワー」は、電波が強いのが特徴で、3階建ての住宅や鉄筋コンクリートのマンションで使う場合は、こちらが向いています。ただし、パワーがある分、価格もちょっと高めです。

ただし、建物の構造や環境によって、戸建てでもノーマルでは届きにくいこともありますので、必ず無線ルーターメーカーの推奨環境などをチェックしてください。

あると便利な機能もチェック

最後に、あると便利な機能について、チェックしていきましょう。まず、ボタンを押すだけで機器との接続が完了する「自動接続機能」はあった方が便利です。世界的に標準となっている「WPS」が主流で、AndroidのスマホやWindows7以降のパソコンは、ほぼ対応しています。

そのほか、バッファローの「AOSS」「AOSS 2」、NECの「らくらく無線スタート」といった、メーカー独自のものもあります。現在は、ほとんどの機種で搭載されていますが、念のため確認しておきましょう。

また、通信を高速化できる「MIMO」「MU-MIMO」という機能もあります。「MIMO」は、複数のアンテナを使って、ひとつの機器と通信することで、通信速度をあげる技術です。「MU-MIMO」は、「MIMO」を改良したもので、複数のアンテナを使って、複数の機器と同時通信ができるようになりました。

「MU-MIMO」は、接続の順番待ちがないため、速度が落ちにくいいのが特徴ですが、iPhone6以降やAndroidスマホの一部しか対応機器がないため、対応機種のユーザーでなければ必要のない機能です。

そして、ビームフォーミングという、接続している機器の場所を追尾して、その方向に電波を飛ばす技術もあります。通信が安定し、速度アップも望めますが、こちらもiPhone6以降のiPhoneやAndroidスマホの一部しか対応していないため、現時点では重視する必要はありません。

最後に無線ルーターの選び方をまとめしょう。

規格は「802.11a/b/g/n/ac」対応のものがベスト! 最新規格にこだわらないなら、汎用性の高い「802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)」対応のものを選びましょう。また、最高通信速度は対応規格が同じなら、より早いほうがベストです。ただし、早くなるほど価格も高くなるので、お財布と相談してください!

そして、通信強度は一般的な戸建てなら「ノーマル」で十分です。電波の通りにくい鉄筋コンクリートのマンションなどでは、「ハイパワー」を選んだ方がよいでしょう。

その他の機能に関しては、現時点では重視する必要はありません。自動接続機能は、ほぼ搭載されていますし、通信機能を強化するものは、あればちょっと快適に使えるくらいの差です。

機能の有無で大きく価格が変わらないなら、機能が豊富な方を選べばよいですが、価格が変わるようなら、基本機能だけのものを選んでも問題ないでしょう。

いかがでしたか?

一見複雑に思える無線ルーターですが、知ってしまえば、意外と単純ですよね? 今回の記事を参考に自分の用途にあったものをしっかり選んでください!

※他社製品・サービスについては、CATV局ではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。
この記事の内容はいかがでしたか?あてはまるものを選んで、最後に送信を押してください。
こんな記事が読みたい、という要望があれば積極的に取り上げます。コメントを投稿ください。

Copyright Jupiter Telecommunications Co., Ltd.

トップへ戻る
OK
キャンセル