サポート・よくある質問

メールソフトの設定方法(Windows Live メール 2012編)

【ご注意】
Windows Liveメール(を含むWindows Live Essentials)は、マイクロソフト公式サポートが終了されました。
インストール済みならば継続利用できますが、新たなダウンロードはできません。
ソフトウェア動作やセキュリティ対策の保証がないため、自己の責任においてご利用ください。
                 

 
Windows 8での設定方法を例に説明します。 
 

  1. スタート画面のタイル(アイコン)が何も表示されていない場所で右クリックします。
  2. [すべてのアプリ]をクリックします。

  【Windows7の場合】

   [スタート]
         ↓
   [すべてのプログラム]
         ↓
   [Windows Liveメール]

   の順にクリックします。

STEP 01  画像
  • ※[ ]は、画面上のボタン名や表示項目を示します。
  • ※「xxx」は、加入者のユーザーアカウントや設定によって変わります。
  • ※文中の例では、ユーザーアカウントを hometaro として説明します。


  1. [Windows Live Mail]をクリックします。
STEP 01  画像

  1. [アカウント]をクリックします。
  2. [電子メール]をクリックします。
STEP 01  画像

  1. [電子メールアドレス]にサポートサイトで取得したメールアドレスを半角英数字で入力します。
    例)こちらからCATV局をご選択ください
  2. [パスワード]にサポートサイトで追加したユーザーアカウントのパスワードを入力します。
     
  3. [パスワードを保存する]にチェックします。
     
  4. [表示名]に差出人として表示される名前を入力します。
    例)ホーム 太郎
  5. [手動でサーバー設定を構成する]にチェックを入れます。
     
  6. [次へ]をクリックします。

  7. ※J:COMドメインの選択については以下を参照してください。
    〈J:COM関西エリア以外のご加入のお客さまの場合〉
    *2013年9月24日以前にご加入の場合
    「jcom.home.ne.jp」
    *2013年9月25日以降にご加入またはメールアドレスを追加した場合
    「jcom.zaq.ne.jp」

    〈J:COM関西エリアでご加入のお客さまの場合〉
    *2014年5月19日以前にご加入の場合
    「局略称.zaq.ne.jp」
    *2014年5月20日以降にご加入またはメールアドレスを追加した場合
    「jcom.zaq.ne.jp」

  8. メールサーバーの設定は、環境設定情報照会にてご確認いただけます。

STEP 02  画像

 

  1. 受信サーバー情報の[サーバーの種類][POP]を選択します。
     
  2. [サーバーのアドレス]に次の文字列を入力します。
    こちらからCATV局をご選択ください
  3. [ポート]110であることを確認します。
     
  4. [このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックが入っていないことを確認します。
     
  5. [次を使用して認証する][クリアテキスト]であることを確認します。
     
  6. [ログオン ユーザー名(電子メールアドレスと異なる場合)]:サポートサイトで追加したアカウントのPOPアカウントを入力します
    例)こちらからCATV局をご選択ください
  7. 送信サーバー情報の[サーバーのアドレス]に次の文字列を入力します。
    こちらからCATV局をご選択ください
  8. [ポート]465と入力します。
     
  9. [セキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックを入れます。
     
  10. [認証が必要]にチェックを入れます。
     
  11. [次へ]ボタンをクリックします。
STEP 03  画像

 

  • ※当社では迷惑メール対策の一環として、送信メールサーバーの設定は安全性の高い設定方法をご案内しております。

 

 

 

[完了]をクリックします。

STEP 04  画像

 

   

  1. [ファイル]をクリックします。
     
  2. [オプション]をクリックします。
     
  3. [電子メールアカウント]をクリックします。
STEP 05  画像

 

  

  1. 先ほど [アカウント]画面で設定したアカウントを選択します。
     
  2. [プロパティ]ボタンをクリックします。
STEP 06  画像

 

 

  1. [詳細設定]タブをクリックします。
     
  2. [このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックが入っていることを確認します。
     
  3. [送信メール(SMTP)]「465」と入力されていることを確認します。
     
  4. [OK]ボタンをクリックします。
STEP 07  画像

 

 

[閉じる]をクリックします。

STEP 08  画像

 


これでメールソフトの設定は完了です。続いてメールの送受信の確認をします。

 

 

 

 

 


設定の確認(テストメールを送受信する)

[電子メールメッセージ]をクリックします。

STEP 01  画像

 

 

  1. [宛先]に、先ほど設定したお客様のメールアドレスを入力します。
    こちらからCATV局をご選択ください
  2. [件名]に適当な文字列を入力します。
     
  3. [本文]に適当な文字列を入力します。
     
  4. [送信]ボタンをクリックします。
STEP 02  画像

 

 

  1. [送受信]をクリックします。
     
  2. 設定したユーザーアカウントの [受信トレイ]を開き、送信したメールが受信されているか確認します。
STEP 03  画像

【重要】Windows Live メールを使う上での注意事項。
 「Windows Live メール」ではアカウントの削除を行わないでください。
 本メールソフトは、作成したアカウント毎にメールBOX(送受信したメールの格納場所)を作成します。
 アカウントを削除してしまうと、これまでの送受信メールが格納されたメールBOXごと削除されてしまいますのでご注意ください。


 テストメールを受信できたら、メール送受信の確認は完了です。

この記事は役に立ちましたか?

このページの内容について、ご意見・ご要望をお寄せください。

このフォームからいただいたご意見等については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答が必要な場合は、 お問い合わせページ をご利用ください。

解決しない場合はこちらもご参照ください。

     Now Loading ...
OK
キャンセル